• ホーム
  • 芸能
  • 東京女子流・小西彩乃、芸能界引退 4人体制に

東京女子流・小西彩乃、芸能界引退 4人体制に

 5人組ガールズグループ・東京女子流小西彩乃(18)が28日、グループを卒業するとともに芸能界を引退することを公式サイトで発表した。小西は今年6月から腰痛治療に専念するため、活動を休止していた。東京女子流は4人体制で活動を続ける。

 小西は同サイトで、活動休止前からグループについていける自信をなくしていたことを告白。活動休止中に「改めてやっていけるのかを真剣に考えた」といい、「やっぱり東京女子流として同じ夢を目指して頑張っていける自信がなく、4人がこれからもっと上を目指していこうとしてるのに、私がこんな中途半端な気持ちでやっていくのは申し訳ないし、足を引っ張るだけじゃないかと思い、今回の決断をさせてもらうことになりました」と胸中を明かした。

 スタッフは「2010年の東京女子流結成の時から、多くの時間を一緒に過ごし、活動を共にしてきたメンバーが抜けてしまうのはとても悲しいですが、スタッフとの話し合い、メンバーとの話し合いを積み重ね、今回の決断となりました」と説明。

 メンバーの山邊未夢(19)、新井ひとみ(17)、中江友梨(18)、庄司芽生(18)も連名でコメントを発表し「彩乃とも話し合いをして、悲しかったですが、ここで終わりたくなく、4人になってしまっても、東京女子流として活動を続けていこうと決めました」とグループ活動を継続していくことを明らかにした。

 小西は「本当にいろんなひとに愛されて育ってきたのに、期待に答えられなくてごめんなさい」と詫びたうえで、「これからどんどん前へ突き進んでいくメンバーに負けないように、私は別の道になるけど、前をみて自信をもって頑張っていこうとおもいます」と決意を綴っている。

 同グループは2010年元日に結成され、同年5月にCDデビュー。メンバーの入れ替えなく活動してきたが、今年6月から小西が活動を休止。今月23日には4人体制でのアルバム『REFLECTION』を発売したばかりだった。



オリコントピックス