• ホーム
  • 芸能
  • 遠藤憲一&渡部篤郎、“親子”役でW主演「どう力をつけてきたのか試される時期」

遠藤憲一&渡部篤郎、“親子”役でW主演「どう力をつけてきたのか試される時期」

 俳優の遠藤憲一(54)と渡部篤郎(47)が、「娘の彼氏」役、「娘の父親」役でダブル主演を務める関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(来年1月スタート、毎週火曜 後10:00)。同世代の人気俳優が「お義父さんと、娘の彼氏」という異色の配役での共演は、放送前から注目されている。このほど遠藤と渡部が、作品について思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保(だいどうじ・たもつ)は、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎(はなざわ・きいちろう)の愛娘との結婚を決意。共に51歳、同い年だが生き方も性格も正反対の保と紀一郎が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。

 共演歴はあるものの、「渡部さんとコメディーで“親子役”で共演することは全く想像しなかった」と遠藤。クランクインはしたが、渡部との絡みのシーンはまだ少ない。しかし、「これまでピリっとした緊張感のある役で共演してきたので、コメディーで思いっきり絡めるのは楽しみ」と笑う。

 渡部の印象については「一切動揺しない人。どこかとんがっているし…。でも、シャイで真面目な方ですね。ビックリしたりパニクったりするのが一切ないような振る舞いをしているけど、今回は(演技で)パニクることが多いので、それは楽しみなところですね」と語った。

 一方、遠藤の印象を「アバンギャルドだと思いきや、仕事への取り組み方がすごく繊細で、真面目な方」という渡部は、ダブル主演について「今は若い方がドラマをやっていますけど、(同ドラマは)すごくいい企画だなと。お互いどう力をつけてきたのか試される時期だと思いますし、僕もまだまだ胸を借りるつもりでやっていこうかと」と話す。

 知名度も実力もある2人が、数々の作品の出演を経て、今回この異色作で共演する。

 コワモテだがお人好しで誠実な“彼氏”を演じる遠藤は、「この世代になると、そこそこできて当たり前になる。そのハードルの中で、何か1つでも新しいものを皆で力あわせてできればいいかな。50代でこんな役に出会えると思っていなかったし、新しいことに出会うと、努力やプレッシャーが大変ですけど、年をとるのも捨てたもんじゃないと思います」と語った。



関連写真

  • ドラマ『お義父さんと呼ばせて』で共演する(左から)遠藤憲一、渡部篤郎 (C)関西テレビ
  • 撮影初日から土下座…ドラマ『お義父さんと呼ばせて』場面カットより (C)関西テレビ
  • ドラマでは渡部と遠藤は同い年の役 (C)関西テレビ
  • ドラマ『お義父さんと呼ばせて』場面カットより
  • ドラマ『お義父さんと呼ばせて』場面カットより
  • ドラマ『お義父さんと呼ばせて』場面カットより
タグ

オリコントピックス