• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』メイキング映像公開 “リアル”にこだわる撮影の裏側

『スター・ウォーズ』メイキング映像公開 “リアル”にこだわる撮影の裏側

 18日に世界一斉同時公開された人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。撮影の裏側を描いたメイキング映像が25日、解禁された。

 シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス氏と同じく、今作でメガホンをとったJ.J.エイブラムス監督もその意志を受け継いでリアルなセットにこだわったと明かしている。ハン・ソロの宇宙船ミレニアム・ファルコンもCGではなく実際に再現し、レイやフィン、ハン・ソロ、チューバッカが乗り込んで撮影。予告編に登場する砂漠での爆発シーンも、CGを使用せず爆発を起こし撮影していることを明かし、J.J.監督は「大好きなこの世界に存分に浸りたいね」と作品への深い愛情を見せている。

 本作では、ダース・ベイダーの息子であり銀河に平和を取り戻したジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の登場も話題に。どんな姿になっているのか、ファンたちはいろんな想像を巡らせたくさんのうわさが飛び交ったが、メイキング映像の最後には、そんなファンへ向けてハミルが「人々を熱狂させたあの物語を再び味わえるよ」とメッセージを送っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス