• ホーム
  • 芸能
  • SMAP中居、全力の地声で“アイマス”の歌とダンスの完コピに挑戦

SMAP中居、全力の地声で“アイマス”の歌とダンスの完コピに挑戦

 SMAP中居正広が、スマートフォン向けゲームアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』の新テレビCMで、歌とダンスの完コピに挑戦。きょう25日から「お願い!シンデレラ」篇、「Star!!」篇がオンエアされる。

 『アイドルマスター』は、芸能事務所のプロデューサーとなって女性アイドルをプロデュースするゲームとして2005年に誕生。『〜シンデレラガールズ』は、11年に『アイドルマスター』シリーズのソーシャルゲームとしてサービスを開始したもので、今年1月にはテレビアニメ化もされた。アニメでそれぞれのキャラクターを演じている声優陣による10周年ライブを埼玉・西武ドームで2日間開催するなど、絶大な人気を誇っている。

 9月にリリースされた『デレステ』は、『〜シンデレラガールズ』としては初となるスマートフォン向け本格リズムゲーム。テレビアニメでおなじみの楽曲に合わせて、リズムアイコンをタイミング良く画面をタップする簡単操作で、アイドルたちの躍動感あふれるステージが楽しめる。ゲーム中のLIVEシーンでは、総勢80人以上のアイドルたちがハイクオリティーな 3D 演出で歌とダンスを披露。そのクオリティーが評判を呼び、リリースしてわずか3ヶ月後の今月22日時点で1000万ダウンロードを超えるヒットタイトルとなった。

 今回、新CMキャラクターに起用された中居は、自身もアイドルでありつつ、舞祭組などのアイドルをプロデュースした実績を持つ。CMでは、『〜シンデレラガールズ』の代表曲「お願い!シンデレラ」「Star!!」の2曲を、中居がライブ感たっぷりに再現。

 「中居くんがアイドルになりきってる!」と思ってしまうほど、SMAPの時とは違う、ちょっぴり“乙女”な仕草で歌って踊って観客の歓声に大きく手を振って応える、「アイドル感」満載のCMとなっている。よくよく考えると、彼の本来の姿…であり、「アイドルは、やめらんない!」「アイドルは超楽しい!」というコピーにも、なんとも不思議な感情が湧いてくるのだ。

 撮影当日は、ゲーム内のアイドルと同じ歌と振付を数十分の間であっという間に習得してしまったという中居。実は、アドリブも生かされており、実際にゲーム内の映像と見比べて探し当ててみるのも一興だ。



オリコントピックス