• ホーム
  • スポーツ
  • 松木安太郎氏、『とんねるずのスポーツ王』で監督気分を満喫!?

松木安太郎氏、『とんねるずのスポーツ王』で監督気分を満喫!?

 正月恒例、テレビ朝日系『夢対決2016 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(来年1月2日 後6:30〜11:30)で、帝京高校サッカー部出身の木梨憲武が、毎回強豪を迎え撃つサッカー対決の内容が明らかになった。今回は、初めての試みとなるキックベースが採用され、サッカー日本代表メンバーと横浜スタジアムで対決。プロ野球、ハンドボール、ラグビーとさまざまなジャンルから一流選手を集めての異色対決が行われる。

【写真】その他の写真を見る


 出場メンバーは、サッカー日本代表から宇佐美貴史(G大阪)、槙野智章、柏木陽介(ともに浦和)、永井謙佑(名古屋)。さらになでしこジャパンから岩清水梓、有吉佐織、田中美南が参戦。チームの監督を務めるのは、かつてヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)を監督としてJリーグ初代王者に導いた松木安太郎氏。

 初の男女混合日本代表チーム=松木JAPANを迎え撃つ木梨JAPANのメンバーは、木梨のほか、ゴン中山こと中山雅史(JFL・アスルクラロ沼津)、Jリーガーの遠藤保仁、今野泰幸(ともにG大阪)、3年連続J1得点王に輝いた大久保嘉人(川崎)。そして、ハンドボールから宮崎大輔(大崎電気)、ラグビーから先のワールドカップにも出場した松島幸太朗、真壁伸弥、サモア代表のトゥシ・ピシ(いずれもサントリー)、プロ野球から松井稼頭央(楽天)ほかが助っ人として木梨JAPANをバックアップする。

 基本ルールは小学生の頃に誰もが一度はやったことがある、キックベースを踏襲。ランナーにボールを当てればアウト、ランナーはリード、盗塁はなし、バントなどのチョロキックは指定エリアを超えないと一発アウトなど。ただし、センターバックスクリーンの位置にラグビーゴールを設置し、そのラグビーゴールの上を超えた本塁打は2ランホームランにカウント、特設フェンスの一部にOUTゾーンが設けられており、ボールが当たったら即アウト、といった独自のルールも導入された。

 槙野は「いい画が撮れるよう頑張ります」、宇佐美は「前回のスカイPKで100万円をいただきましたが、今回もいいところをもっていきたい」、50メートル5秒8の俊足自慢の永井は「ランニングホームランを狙いたい」と、それぞれが頼もしいコメントを披露。一方、木梨JAPANの今野は「キックベースは小さい頃によくやっていました。自信あります」と強気の発言。

 そんなサッカー選手に対して元メジャーリーガーの松井は「不安です」と野球よりも大きなボールに戸惑いを隠せず、世界の舞台で活躍したラグビー松島も「キックベースは小学校の頃からやっていません。初めての『スポーツ王』で緊張しています」とバラエティー慣れしていない感じ。それでも、皆、一流選手らしく、蹴って、走って、飛んで、持ち前の高い身体能力で“魅せる”キックベースを演出する。

 そんな中、誰よりも元気だったのは松木監督。「僕は(監督の)オファー待ちの人間だから。いつもは解説でしょ? それが監督をやってくれと言われたんだから、二つ返事でOKしましたよ。今日はハリル(日本代表監督のハリルホジッチ)、佐々木(なでしこジャパンの佐々木則夫)両監督よりも選手たちのいいところを引き出しますよ」と監督気分を満喫していた。

 木梨は「真剣に遊んだらスゲー疲れちゃった(笑)。最初はみんな手探りでしたが、宮崎君も松井君もサッカー選手たちもどんなスポーツをやらせても高い身体能力でコツをあっという間につかんでいく。そのスピードがすごかったですね」と感服していた。



関連写真

  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決が初登場(C)テレビ朝日
  • (前列左から)大久保嘉人、今野泰幸、遠藤保仁、中山雅史、木梨憲武、宇佐美貴史、槙野智章、柏木陽介、永井謙佑(後列左から)宮崎大輔、真壁伸弥、トゥシ・ピシ、松島幸太朗、松井稼頭央、岩清水梓、有吉佐織、田中美南、松木安太郎(C)テレビ朝日
  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決に参加した宇佐美貴史選手(G大阪)
  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決に参加した槙野智章選手(浦和)
  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決に参加した永井謙佑選手(名古屋)
  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決に参加した大久保嘉人選手(川崎)
  • 1月2日放送、『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』キックベース対決に参加したハンドボールの宮崎大輔選手

オリコントピックス