• ホーム
  • 音楽
  • 『紅白』×『ニコ生』コラボ「キター!!」 “ラスボス”登場時にコメント流れる

『紅白』×『ニコ生』コラボ「キター!!」 “ラスボス”登場時にコメント流れる

 動画共有サイト『niconico』のインターネット生放送サービス「ニコニコ生放送」が、大みそかの『第66回NHK紅白歌合戦』(東京・NHKホール)とコラボレーションすることが24日、わかった。ネットカルチャーの中で「ラスボス」として親しまれる歌手・小林幸子の出演時、『ニコ生』に書き込まれたコメントを紅白のステージ上の美術セットに流す。

 ニコ生では、大みそかの午後7時より、東京・六本木のニコファーレから『第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況』を生放送。小林がおなじみの巨大衣装で登場時にはNHKホールのセットに『ニコ生』名物のコメントを流す演出を行い、ネット上での盛り上がりを紅白視聴者に届ける。

 NHKの茂山圭司チーフプロデューサーは「今回の小林幸子さんの紅白特別企画出演に関しては、これまでとは違う“ラスボス”として進化した小林幸子さんをお見せしたいと考えていました。小林幸子さん側からも『“ネットの皆の意思”を身にまとい、進化した小林幸子のステージをお見せしたい』という強い希望もあり、niconicoさんにご協力をお願いしました」と経緯を説明。

 「NHKホールの生放送のステージにどうやってコメントを流すのか?」「コメントに対するリスクに対応できるか?」というさまざまな問題については、『niconico』が完全協力。茂山プロデューサーは「ネットユーザーの皆様からは『キター!!』など良い反応をいただけると思っていますが、一方でネットに関心の無い方からは『なんじゃこりゃ?テレビ壊れたか?』など、賛否両論、さまざまな反応があるかと思っています」と予測する。

 生放送のリスクはありながらも「ネットと放送の融合、コラボレーションはこれからもどんどん推し進めるべきです。今でもネットはテレビをネタに、テレビはネットをネタに、双方でコンテンツを作りユーザーの方々に楽しんでいただいています。メディアは違えども、どちらも動画コンテンツなのは変わりないのですから、これからもどんどん混じり合って、利用し合って、競争し合って、視聴者の皆様に今の時代ならではの喜びと感動をお届けできたら」と期待を込めている。

 紅白出演後には小林が『ニコ生』の番組に駆けつけ、ニコ生視聴者とともに新年を祝う。

■「第66回NHK紅白歌合戦 応援裏実況」
放送日時:12月31日(木)午後7時〜
視聴URL : http://live.nicovideo.jp/watch/lv246411040
出演:小林幸子、松島初音ほか



オリコントピックス