• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・二宮和也、たけしと共演の主演作に自信

嵐・二宮和也、たけしと共演の主演作に自信

 タレントのビートたけしと人気グループ・二宮和也が24日、都内で行われたTBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』(28日放送 後9:00)完成披露試写会後の舞台あいさつに登壇した。2011年11月にこの世を去った落語家・立川談志(たけし)さんの人となりを、弟子・談春(二宮)の視点から描いた青春グラフィティー。二宮は「見ても見なくてもどっちでもいい。たまたま(テレビで)ついてたら見てほしい」と突き放したかと思えば、「こういう作品は珍しくて。見た方が絶対得するし、見ないと絶対に損をする。見ない奴だけが損をすればいい。見た人だけが感動するドラマの醍醐味を味わって」と、したり顔で自信を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 たけしは「談志さんは俺の中では奇才(鬼才?)。あまりにも落語が好きすぎて、客に愛されるということを乗り越えて、落語をもう一回教え直す人。たまに隠された秘蔵テープを聞くけど、素晴らしいものがある。社会が立川談志をもっと評価していいし、もっと違う判断もあるべき」と力説。談志役をオファーされた時は「自分の役者としてのいい加減さを身にしみていたので、まずいなと思っていたけど、似ていると言ってもらえるよう一生懸命やった。とにかく自分にとっては光栄」と噛み締めた。

 この日は、累計22万部突破の原作『赤めだか』の著者である談春本人も登場し、二宮が自身を演じたことに「本当に、申し訳ない」と恐縮。初実写化となる同ドラマを視聴し「いろいろなことが思い浮かんで、自分が作ったというのは飛んで気づいたら泣いていました。亡くなって4年経って、北野武によって談志が今なら言える伝えたいことを教えてもらった。本当に幸せに思う」と感激しながら、「打倒・『下町ロケット!』」と自身が出演したヒットドラマの名前を掲げて、笑いを誘っていた。

 そのほか、舞台あいさつには談志の弟子・立川志らく役の濱田岳、立川関西役の宮川大輔、立川談々役の北村有起哉、ナビゲーター役の笑福亭鶴瓶も同席した。



関連写真

  • (左から)北村有起哉、宮川大輔、濱田岳、ビートたけし、笑福亭鶴瓶、立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席したビートたけし (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した笑福亭鶴瓶 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した北村有起哉 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した宮川大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した濱田岳 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』完成披露試写会後舞台あいさつに出席した(左から)ビートたけし、笑福亭鶴瓶、立川談春 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス