• ホーム
  • 映画
  • スピルバーグ監督最新作、『シンドラーのリスト』との共通点は?

スピルバーグ監督最新作、『シンドラーのリスト』との共通点は?

 スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本による映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(来年1月8日公開)。スピルバーグ監督作で初めてアカデミー賞を受賞した映画『シンドラーのリスト』(1993年公開)とある“共通点”があり、すでに公開されている米国で高い評価を受けている。

 『シンドラーのリスト』は、ユダヤ人の命を救ったドイツ人実業家オスカー・シンドラーの実話を描き、時代や政治に流されず信念を持ち立ち向かったシンドラーに目を向けるべきと評価された作品。第66回アカデミー賞でスピルバーグ監督が初となる監督賞や作品賞など7部門を受賞した。

 今回、スピルバーグ監督が題材にしたのは、アメリカ人弁護士のジェームズ・ドノヴァン。本作の舞台は、アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950年〜60年代。保険の分野で実直にキャリアを重ねてきたドノヴァンだが「誰でも弁護される権利がある」という信念のもと、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、国際交渉の世界に足を踏み入れることになる。

 スピルバーグ監督が引かれた2人の人物、オスカー・シンドラーとジェームズ・ドノヴァンの共通点は、戦下の時代に生き、同胞さえもが自身の考えに反対する過酷な状況下に置かれても、信念を貫き、優れた交渉術で何千人もの命を救った“実在のヒーロー”であること。

 公開中の米国での評価も高く、米有力メディアのオスカー予想にも主要各部門でノミネートを注目されている。



オリコントピックス