小林幸子、紅白衣装の一部を公開 スタッフは過去最大級の100人超え

 歌手の小林幸子が22日、自身のブログを更新。特別企画として4年ぶりに出場する大みそか恒例の『第66回NHK紅白歌合戦』で着用する衣装の一部を公開し、衣装プロジェクトチームが過去最大級の100人超えとなっていることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 久しぶりの紅白でボーカロイド曲「千本桜」を歌うことが発表され、紅白衣装のリハーサルが進む中、この日のブログで「さてまず衣装についてですが、大きいか小さいか??といえば、大きいです」と衣装のサイズに言及。さらに「まだまだお見せできないのですが、今日はちょっとだけ衣装の生地など一部を初めて公開しちゃいます」と、写真を掲載した。

 公開された衣装は、「千本桜」にちなみ桜がモチーフとなった白を貴重にしたもので、ピンクに色づいた花びらも見える。また、今回の衣装のプロジェクトチーム「5884組(こばやしぐみ)」は、これまでで最大級となる100人を超えていることも紹介している。

 小林は曲目が「千本桜」と発表されると「沢山のコメント、メッセージをいただき、自分が思っていた以上の話題となりましたとってもビックリした」と反響の大きさに驚きつつ、「嬉しさと、気合いにもなりました!!そして、千本桜という楽曲の大きさを改めて実感いたしました!!」と、気持ちを新たにしている。



関連写真

  • ブログで紅白衣裳の一部を公開した小林幸子(C)ORICON NewS inc.
  • 「千本桜」にちなみ桜がモチーフとなった衣裳の一部を公開
  • 小林幸子が『第66回NHK紅白歌合戦』の衣裳の一部を公開
  • 小林幸子が『第66回NHK紅白歌合戦』の衣裳の一部を公開
  • 小林幸子が『第66回NHK紅白歌合戦』の衣裳の一部を公開

オリコントピックス