• ホーム
  • 芸能
  • 森永卓郎氏、不名誉な『しくじり先生大賞』記念 元日SPに出演

森永卓郎氏、不名誉な『しくじり先生大賞』記念 元日SPに出演

 きょう21日、テレビ朝日系で放送された『しくじりアワード2015』で、不名誉な「しくじり先生大賞」に輝いてしまった経済評論家の森永卓郎氏による“しくじり授業”が、来年1月1日に『2016しくじり初め元日SP』(後11:40〜深0:40※一部地域を除く)として放送されることが発表された。

【写真】その他の写真を見る


 森永氏は“経済アナリストなのに博物館経営で家族に迷惑をかけちゃった先生”として“趣味が高じて家族に迷惑をかけないための授業”を行ったところ、あまりにも衝撃的な授業内容で数ヶ月間、放送を見送られてきた。ところが、「編集したら、ものすごく面白くなっちゃった!」(スタッフ談)とお蔵入り寸前だった授業の元日オンエアが決定した。

 森永氏は、東京大学経済学部卒の経済アナリストで、獨協大学経済学部教授という経歴の持ち主。著書の『年収300万円時代を生き抜く経済学』(知恵の森文庫)がベストセラーとなったことでも知られる。ところが、“収集オタク”という一面を持ち、趣味のコレクションが原因で3億3500万円もの損失を抱えてしまった、と打ち明ける。集めたのは、ミニカー、フィギュアをはじめ、世界各国のコカコーラ缶、グリコのおまけ、商品パッケージ、有名人のダジャレグッズなど、他人から見れば価値のわからないモノばかり。

 おまけに、大金をつぎ込んでコレクションを展示する「B宝館」という博物館まで建設してしまい、年間900万円の大赤字。この先、20年分の赤字や土地建物の資産価値の低下などすべて合わせると、損失は前述の3億3500万円にのぼるというのだ。

 その結果、家族から「コレクションはともかく、博物館はやりすぎ!!」とあきれられ、一時は妻から「もう私は出て行く!」と愛想を尽かされてしまったことを明かす。そんな損失分を取り戻そうと、バラエティー番組にも多々出演。それが裏目に出て、経済アナリストとしての説得力が失せてしまい、まともな経済番組に出られなくなってしまったという。しかも、仕事を断らないでいると、徐々にキワモノタレント化していく負のスパイラル。それでも懲りずにコレクションを続行中で、新たなコレクションにも力を入れているという森永氏。妻と息子に向けて感謝のメッセージを語りかけるが、反省の言葉は出るのか。

 同SPでは、これからしくじってしまいそうな生徒が、しくじり先生に悩みを聞いてもらう「しくじり進路指導室」という新企画も登場。今回は、“人生のピークが早過ぎちゃった先生”(15年11月2日放送)として登壇した元人気子役の内山信二が指導を担当する。相談にやって来るのは、子ども時代に脚光を浴びた兄弟マジシャン、山上兄弟。2 人は01年に兄6歳、弟5歳でデビュー、愛らしい「てじなーにゃ!」のフレーズで大ブレーク。現在、21歳と20歳の大人になった兄弟だが、テレビ出演はほとんどなく、営業ばかりこなしているという。激動の半生をたどってきた内山先生はどんなアドバイスを贈るのか。

 さらにオープニングでは、かつて“本当のことが言えず、詐欺師呼ばわりされちゃった先生”として登場したMr.マリックがイリュージョンを披露し、正月らしさを演出する。翌2日にも『怒涛の6時間!しくじり駅伝SP』(前7:00〜後1:00※一部地域を除く、途中ニュース含む)として、過去に好評だった授業が再放送される。

■『しくじり駅伝SP』ラインナップ(※50音順)
内山信二「人生のピークが早過ぎちゃった先生」
おかもとまり「芸人なのにセクシー路線にいっちゃった先生」
杉村太蔵「失言し続けてしまった先生」
辺見マリ「洗脳されて5億円を失っちゃった先生」
Mr.マリック「本当のことが言えず、詐欺師呼ばわりされちゃった先生」



関連写真

  • 「しくじり先生大賞」を受賞した経済アナリストの森永卓郎氏の授業『しくじり先生 2016しくじり初め元日SP』が1月1日放送(C)テレビ朝日
  • 森永卓郎先生(C)テレビ朝日
  • 新企画「しくじり進路指導室」にやってきた山上兄弟(C)テレビ朝日
  • 『しくじり先生 2016しくじり初め元日SP』テレビ朝日系で1月1日放送。新企画「しくじり進路指導室」にやってきた山上兄弟(C)テレビ朝日

オリコントピックス