• ホーム
  • 映画
  • 吉永小百合“息子”二宮和也との別れ惜しむ 「隠し子」の声に「実は…」

吉永小百合“息子”二宮和也との別れ惜しむ 「隠し子」の声に「実は…」

 女優の吉永小百合、人気グループ・二宮和也21日、都内で行われた映画『母と暮せば』大ヒット御礼イベントに出席した。同作で二宮が演じる浩二の母親を演じた吉永は「会ったその日から『私の息子』という思いになっている。ただ、映画の中だけなので、かわいい浩二、和也さんとはきょうでほとんどお別れになってしまうので、さみしさをかみしめています」と息子との別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 8月に行われた記者会見では、互いを「和也さん」「小百合さん」と呼び合うほど仲良しだったという2人。今月12日に公開され、この日は大ヒット御礼舞台あいさつとなったが、二宮も「なかなか会う機会がなくなっていくので、さみしくなるのは一緒」と同調し、「息子だと言ってもらえて、いろんなことを経験させていただいた。身に余る光栄」と感謝した。

 登壇した山田洋次監督も「お二人とも雰囲気が似ていて、長い間屋根の下で暮らしてきた感じが最初から漂っていた。顔も似ていますね」とコメントすると、吉永と二宮は照れ笑い。すると、観客席から「隠し子!」と声がかかり、吉永も「実は…」と笑顔で悪ノリし、会場を沸かせた。

 この日は、ラグビーの五郎丸歩選手からビデオメッセージが届いた。ラグビーファンの吉永は、毎年母校・早稲田大学のラグビー部に“牛一頭”を差し入れしており、五郎丸選手とは在学中からの顔見知り。吉永は、五郎丸選手から「今もなお、牛一頭を差し入れしていただき、ありがとうございます」と感謝されると、「こんなに人気になってもチャラチャラしないで本当にご自分のことを持っている方。メッセージくれてうれしい」と照れながらも喜んだ。

 劇作家・井上ひさしさんの代表作『父と暮せば』の対となる作品を制作したいという思いを引き継いだ山田洋次監督による初のファンタジー作品。1948年8月9日の長崎を舞台に、助産婦の伸子(吉永)と、原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮)の亡霊の奇妙な交流を描く。



関連写真

  • 二宮和也との別れを惜しんだ吉永小百合 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)吉永小百合、山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』大ヒット御礼イベントに出席した(左から)吉永小百合、山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』大ヒット御礼イベントに出席した山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』大ヒット御礼イベントに出席した(左から)吉永小百合、山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス