• ホーム
  • 映画
  • 北川景子、“恩師”森田芳光監督の思い出語る「本当に忘れられない」

北川景子、“恩師”森田芳光監督の思い出語る「本当に忘れられない」

 女優の北川景子が20日、都内で行われた映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに登壇した。この日は、2011年に亡くなった同作の原案者・森田芳光監督(享年61)の命日とあり、恩師と慕ってきた森田さんとの出会いのエピソードを披露した。

【写真】その他の写真を見る


 北川は2006年、森田監督の映画『間宮兄弟』で映画初出演。同作のオーディションを受けた時のことを振り返り、「違う役の練習を一生懸命やってオーディションに行ったのに、『あっ、いいや。これじゃなくて、妹の役のほうを読んでみてよ』って言われたので、私はちょっとムッとしてふてぶてしい感じで演技をやりました」と回顧した。

 演技後、森田監督から「私のこと、誰だかわかりますか?」と聞かれ、北川は素直に「わかりません」と返答。そこで初めて「監督の森田です」と名乗られたといい、北川は「その時に『あっ、このオーディション落ちたな』って思った。でも、なぜか合格にしてくださって、現場でも温かく受け入れてくださった。心の広い監督だなって思って、その時のことが本当に忘れられないですね」としみじみ語っていた。

 同作は、『家族ゲーム』『それから』などで知られ、2011年12月に亡くなった森田監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描いた完全オリジナルストーリー。イベントにはそのほか、松山ケンイチ伊藤克信野村宏伸大野貴保小林まさひろ杉山泰一監督も登壇した。



関連写真

  • 映画原案の森田芳光監督との思い出を語った北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに出席した(左から)松山ケンイチ、北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)小林まさひろ、野村宏伸、伊藤克信、松山ケンイチ、北川景子、大野貴保、杉山泰一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに出席した北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに出席した(左から)松山ケンイチ、北川景子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに出席した小林まさひろ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開)プレミアイベントに出席した杉山泰一監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス