• ホーム
  • 芸能
  • 前田敦子、元AKB肩書うれしい 結婚は「40歳までに」

前田敦子、元AKB肩書うれしい 結婚は「40歳までに」

 AKB48高橋みなみ(24)、卒業生の前田敦子(24)、HKT48指原莉乃(23)が20日、フジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜 前7:00)に出演し、恋愛、結婚観、総選挙などAKB48にまつわるさまざまなことを語った。

 指原から「結婚しないんですか」とズバリと切り込まれた前田は「絶対しないでしょ」と否定。なおも「24、25(歳)でしたいと思いません?」と突っ込まれると、「それくらいで1回あこがれるんだよね。それを1回過ぎちゃったかもしれない」とさっぱりした表情で話した。

 「40(歳)までにできればいいかなと思ってる」「やりたいことやって、自由な感じの女でいいよって人と結婚したい」と言い、図らずも今月17日のイベントで「27歳で結婚したかったけど全く実りそうにない」「40歳までに結婚できてたら」と話した大島優子と同様の結婚願望を明かした。

 来年3月28日にグループを卒業する高橋が「いつまでがアイドルなんだろう?」と投げかけると、2012年8月に卒業し、女優として活動する前田は迷いなく「アイドルで始まったんだったらアイドルで終わるんだよ」と断言。指原が「あっさんも?」と目を丸くすると、「アイドルだよ。アイドルは多分、ずっと意識するだろうと思う」と話した。

 指原が「あっさんや(大島)優子ちゃん、(渡辺)麻友とかも女優になりたいメンバーはアイドルという概念を速く捨てたいものだと勝手に思ってました」と驚くと、「辞めてから思った。あれ?変わらないぞって。メディアの取り上げてもらう形も“あっちゃんが…”とか変わらないというか。でも、それってイヤなことじゃない」と胸中を明かした。

 指原から「たかみなはアイドル辞めるんですか」と聞かれた高橋が「アイドルは捨てられないなと思う。だって元AKB48って一生消えないんだよ」と言うと、前田は「それってうれしくない?」と喜び、高橋も賛同。指原は「そう思ってくれてるんだと思うとうれしいです。あっさんとたかみなちゃんがそう言ってくれるなら、なんとか続けなきゃ、なんとか名前を残さなきゃという気持ちになると思うし、AKB48のメンバーにも見てほしい」と感激していた。

 AKB48の未来について「とりあえずあと5年は大丈夫じゃないかなと思う」という前田の予測に対し、高橋と指原は「リアルだね」とポツリ。指原がグループ存続のために「私とかもいないほうがいいと思うんですよ。今、AKB48のフレッシュな子が頑張っているのに邪魔かなって」と胸中を吐露した。

 前田は「絶対に(それは)ないよ。指原こそいなくなったらやばい」とアドバイス。「秋元(康・総合プロデューサー)さんがあきらめなければ、歌詞を書いてくれれば大丈夫じゃない?」と言いつつも、「ごはん食べたとき、(プロデューサーを)卒業しようかなって言われた」と裏話をぶっちゃけて笑っていた。



オリコントピックス