• ホーム
  • 芸能
  • 嵐・相葉雅紀、冠番組で初の1時間SP決定「また1年間、頑張ります!」

嵐・相葉雅紀、冠番組で初の1時間SP決定「また1年間、頑張ります!」

 相葉雅紀の冠バラエティー『相葉マナブ』(テレビ朝日系)が、2013年4月の番組開始以来、初となる1時間スペシャルとして、来年1月10日に放送されることが決まった。「2016年はスペシャルから始まるので、いいスタートを切れればいいなと思います。また1年間、頑張ります!」と相葉も大喜びだ。

 番組は、日本各地を訪れ、意外と知られていないニッポンの素晴らしさを学ぶことを趣旨とし、相葉が実際に体験している姿が見どころになっている。

 今回の1時間スペシャルでは、番組の人気企画「荒川下り」の完結編を放送。埼玉・東京を流れ、東京湾に注ぐ全長173キロの荒川を、源流域からボートなどを駆使して下りながら東京湾を目指す同企画がついにフィナーレを迎える。

 川を下る中で、川沿いの町で生活する人たちとふれあい、荒川ならではの食材を収穫・試食しながら歴史や知恵を学んできた。前回、河口から約30キロ地点の埼玉県戸田市まで到達。今回は戸田から東京湾河口を目指してロケを実行した。

 相葉は「6月にスタートしたので、あの時は暑かったんですけど、きょうはすごく寒くて…。あぁ時間をかけてやってきたんだな、といろんなことが走馬灯のように思い出されました」と感慨深げ。中でも「荒川でウナギが獲れたことにびっくりしました。うな丼にして食べたんだけど、おいしかったなぁ…。荒川の歴史なども勉強できたし、1年を通して旬なものを勉強させてもらっているという気持ちです」と話していた。

 相葉と番組を共にしてきた渡部建アンジャッシュ)や澤部佑ハライチ)は、その成長ぶりに舌を巻く。渡部は「最近は魚も三枚におろせたり、何でも自分でできちゃって、みんなほめているんですよ。ひょっとして一人だけリハーサルしてるんじゃないかな、と思うくらい! 包丁使いとかは目に見えて成長してますね」。澤部も「どんな職人さんも相葉さんのことほめますからね。10ヶ所以上のところに『アイドル辞めたらうちにおいでよ』って言われてますから(笑)」と明かしている。

 『相葉マナブ 荒川下り完結編!川沿いの町の魅力学んで東京湾到達SP』は来年1月10日(後6:00〜6:57)放送。なお、番組公式ホームページのメインビジュアルがきょう20日にリニューアルされた。

■番組公式ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/



オリコントピックス