• ホーム
  • 芸能
  • 新川優愛&中村倫也、エンケンと義理の“きょうだい”に!?

新川優愛&中村倫也、エンケンと義理の“きょうだい”に!?

 モデル・女優の新川優愛が、1月19日スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜 後10:00)にレギュラー出演することが明らかになった。俳優の遠藤憲一渡部篤郎のW主演によるホームコメディー。新川は、渡部演じる花澤紀一郎と妻・静香(和久井映見)の娘で、51歳で結婚歴のない独身の大道寺保と結婚を決意する美蘭(蓮佛美沙子)の妹、花澤家の次女・真理乃役を演じる。

 真理乃は21歳の大学生。姉の美蘭が研究一筋の理系女子だったのに対し、真理乃は大学に通うかたわら、モデルとしても活動しているキラキラ女子。恋愛に関しても、思い込んだら猪突猛進な美蘭とは対照的にサバサバと現実的に考えるタイプで、姉の恋人が父親と同い年という事実に驚きつつも面白がっている。花澤家のトラブルメーカーになる要素をはらんだ存在。

 新川は「素敵な先輩方とお仕事させていただける機会をとてもうれしく感じています。たくさんのことを吸収し、学びながら、天真爛漫な真理乃を演じたいと思います」と意気込みを語っている。

 さらに、美蘭の兄である花澤家の長男・葉理男(はりお)役に、ドラマ・映画・舞台で幅広く活躍する俳優・中村倫也が決定。一流電機メーカーに勤めており、美蘭の結婚をめぐる保と紀一郎のぶつかり合いを冷静に見守っている一方で、家族も知らない秘密を抱えている、彼もまた波乱含みの役どころ。

 中村は「脚本がとても面白く、自分が出演することも忘れてクスクス笑いながら読み進めてしまいました。人間の矛盾とか、ちっちゃい見栄とか、愛嬌のある人物は大好物です。葉理男に命を吹き込み、滑稽ながら一生懸命な家族たちと触れ合えることを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

 花澤家にはもう一人、紀一郎の父親で、美蘭の祖父・昭栄(しょうえい)がいて、品川徹が配役されている。

 一家の主である紀一郎と妻の静香、長女の美蘭、次女・真理乃、長男・葉理男、そして祖父の昭栄が加わった花澤家へ、結婚のお願いにやってくる保。長女の交際相手が父親と同い年のオッサンだったことが引き金となり、次々と家族の問題が噴出していく物語が動き出す。



オリコントピックス