大渕弁護士「息子を思い」手術決断

 子宮けい部高度異形成の診断を受け、今月22日に入院し手術することを所属事務所・タイタンを通じて18日に発表した、弁護士でタレントの大渕愛子氏(38)が同日、自身のブログを更新。「息子のことを思うと、早期にできる限りの治療をしたいと思い、手術を実施することに決めました」と明かしている。

 「ブログを読んで下さっている方は、私が7月に健康診断を受けて、要精密検査になったことや、精密検査の結果、治療が必要になったことを知って下さっていたと思います」とつづった大渕弁護士。改めて病名は「子宮頚部高度異形成」と説明した。

 続けて「今後、子宮けいがんに発展する可能性があるとのことでした」と明かし、医師からは「しばらく経過観察をしてもよいでしょう」と言われたようだが「息子のことを思うと、早期にできる限りの治療をしたいと思い、手術を実施することに決めました」と、今回手術に踏み切ったという。

 手術時間については「30分、翌日から通常通り活動して構わないとのことですが、術後3週間は、出血の可能性があるため、病院にすぐ行ける場所にいる必要がある」として「ABC朝日放送『正義のミカタ』を3回ほどお休みさせて頂くことになりました。もともとは、みなさんにご心配をお掛けしないよう、手術を終えてからブログで報告しようと思っていましたが、番組をお休みする関係で、所属事務所より事前に発表する運びとなりました」と伝えた。

 また、発表した所属事務所がお笑いコンビ・爆笑問題が所属するタイタンとあって「『芸能プロダクションに所属していたの?』と思われた方もいると思うので、このことも報告させてください」と切り出し「TVに出るようになってから現在まで、約4年間、芸能プロダクションに所属せず、フリーでやって参りましたが、このたび、プロダクションに所属させて頂くことになりました」と発表。

 所属した理由には「育児にかける時間を確保するために、マネジメントをプロの方にお願いした方がよいと考えた」と明かし「プロダクションに入るならば、私が心から信頼し、尊敬している太田光代さんのところがいいと思っておりましたので、爆笑問題さんなどが所属する、芸能プロダクション『タイタン』に所属させて頂くことといたしました」とつづった。



オリコントピックス