• ホーム
  • 芸能
  • 大渕愛子弁護士、入院&手術を報告 「子宮けい部高度異形成」と診断

大渕愛子弁護士、入院&手術を報告 「子宮けい部高度異形成」と診断

 俳優の金山一彦(48)の妻で弁護士の大渕愛子氏(38)が、子宮けい部高度異形成の診断を受け今月22日に入院し、手術を受けることが、わかった。18日、所属事務所のタイタンを通じて発表した。

 大渕弁護士は「今年7月に受けた健康診断の子宮がん検診項目で『要精密検査』の結果が出たため、精密検査を受けたところ『子宮けい部高度異形成』との診断を受けました」とし、「そのまま経過を観察する選択肢もあったのですが、小さな子供もおりますため、早期に治療したほうがよいと判断し、子宮けい部円錐切除の手術を実施することといたしました」と説明した。

 なお、術後翌日には退院を予定しているが「3週間程度は、遠方へ行くことを控えるようにとのことですので、レギュラーで出演させて頂いております。ABC朝日放送『正義のミカタ』につきましては3回ほどお休みさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願いいたします」とコメントしている。



オリコントピックス