• ホーム
  • 芸能
  • エビ中・柏木ひなた、突発性難聴で握手会欠席 来年2月のアルバムも発売延期

エビ中・柏木ひなた、突発性難聴で握手会欠席 来年2月のアルバムも発売延期

 アイドルグループ・私立恵比寿中学柏木ひなたが、「突発性難聴」の診断を受けたため、19日に予定していた握手会を欠席、および来年2月10日に発売予定だったグループ3枚目のアルバム『穴空(アナーキー)』の発売が延期されることが、わかった。17日、グループの公式ホームページおよびブログで発表された。

 19日は9枚目のシングル「スーパーヒーロー」の購入者向けに大阪で握手会の予定だったが、柏木を除くメンバーで開催される。また、27日に予定されていた「LINE LIVE」は中止となった。アルバムの延期時期は「未定」となっている。

 今後の活動予定については「治療の経過観察を見極めながら慎重に判断させて頂きます」としている。

 エビ中は今月12日・13日にさいたまスーパーアリーナで、グループ史上最大規模となる2日間計2万2000人を動員したライブ『年忘れ大学芸会』を開催し、アルバム発売と来春からのツアーを発表していた。

 直近の予定として、来年1月8日・9日に開催される「俺の藤井2016 in さいたまスーパーアリーナ 〜Tynamite!!〜」にグループとして出演する。



オリコントピックス