• ホーム
  • 映画
  • 松山ケンイチ、お下劣ネタ全開!東映ロゴも○○○に 『珍遊記』特報解禁

松山ケンイチ、お下劣ネタ全開!東映ロゴも○○○に 『珍遊記』特報解禁

 俳優の松山ケンイチが坊主頭パンイチで主人公・山田太郎を怪演する実写版『珍遊記』(2016年2月27日公開)の特報映像が18日、解禁された。30秒の映像のなかでは、早くも松山の全裸姿のシーンのほか、変顔やケツのどアップ、オナラで空を飛んだあとの「身、出ちゃったかな?」などのセリフも収録され、劇中に満載されるお下劣ネタの一部が披露された。

 同映像の冒頭では、映画配給元・東映の伝統のあるロゴマークがまさかの湯気つき“うんこ”にトランスフォーム。原作のジャンプ・コミックスの書影や名場面も散りばめられ、伝説になった漫画『珍遊記』の世界観に染められている。そして映像のラストは、映画化決定の第一報でも世の中をざわつかせた原作者・漫☆画太郎氏の「史上最低のクソ映画にしろって言ったのに、なんでこんなにおもしろくしたんだバカヤローッ!! 『◯◯の巨人』の監督に撮り直させろーーッ!!!」コメントを掲載。ケタの違う大作に立ち向かう(?)映画製作陣の強い意思をにじませている。

 特報のナレーションは声優の千葉繁。オリジナル・ビデオアニメ『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』に続いての起用となり、ハイテンションで喋りまくっている。また、映像内では山田太郎以外のキャラクターも一瞬登場するが、配役も含めて作品の詳細はベールに包まれたまま。続報が待たれる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス