• ホーム
  • 映画
  • 東京の夜空にライトセーバー出現 スカイツリーで特別ライティング

東京の夜空にライトセーバー出現 スカイツリーで特別ライティング

 東京都墨田区の東京スカイツリーで17日、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(18日午後6時30分全国一斉公開)の公開記念ライティングの点灯式が行われた。「フォースと共にあらんことを!」の掛け声を合図に、スカイツリーが青と赤に点灯し、夜空にライトセーバーが浮かび上がった。

【写真】その他の写真を見る


 この特別なライティングは20日までの予定。ライトセーバーに見立てた青と赤のライティングで、“光(青)”と“闇(赤)”がせめぎ合う様子を表現。最後に新キャラクターであるカイロ・レンが持つ真っ赤な十字ライトセーバーが現れる約2分30秒の演出となっている。

 点灯式にはスペシャルゲストとして、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士・野口聡一氏がスペシャルゲストとして登壇。同映画がきっかけで「宇宙飛行士を目指した」という野口氏は「小学生の時に1作目を初めて見ました。宇宙の広がりや、ファルコン号が宇宙に飛び立つところが心に残っています」と感慨深げ。国際宇宙ステーションにライトセーバーを持ち込んだ宇宙飛行士もいたといい、「スカイツリーは宇宙から見えていたんです。さすがに夜はほかの光と紛れてわかりづらかったのですが、このライティングの思いをいま、宇宙ステーションまで届けたい」と話していた。

 地上450メートル天望回廊では、『スター・ウォーズ』の世界観が楽しめる展示や演出を行う『STAR WARS TOKYO SKY WALK at TOKYO SKYTREE』を開催中(来年2月11日まで)。



関連写真

  • 東京スカイツリーで映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開記念ライティングを実施(12月20日まで)
  • 赤と青の2色でタワーを分割するライティングは東京スカイツリー史上初
  • 点灯式にはJAXAの宇宙飛行士・野口聡一氏がスペシャルゲストとして招かれ、ストームトルーパー、R2-D2、C-3POも駆け付けた
  • 東京スカイツリーで映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開記念ライティングを実施(12月20日まで)。点灯式にはJAXAの宇宙飛行士・野口聡一氏がスペシャルゲストとして招かれた

オリコントピックス