• ホーム
  • 芸能
  • 宮澤佐江、SNH&SKE卒業発表「自分で足を踏み出すとき」

宮澤佐江、SNH&SKE卒業発表「自分で足を踏み出すとき」

 SNH48兼SKE48宮澤佐江(25)は16日、フジテレビ系の音楽特番『2015FNS歌謡祭THE LIVE』(毎週金 後7:00)でグループからの卒業を発表した。卒業時期は未定。

 マイクを両手で握り締めた宮澤は「こんな素敵な舞台で本当にすみません。でも、ここで言わせてください。私、宮澤佐江はSKE48、そしてSNH48、AKB48グループを卒業します」と発表。会場から「えー!」と悲鳴が上がるも、笑顔を見せ「残りの活動も元気いっぱい頑張りますので、応援よろしくお願いします」と深々と一礼した。

 歌唱後には、司会のアンジャッシュ渡部建から、卒業の経緯について聞かれると「今はSKEと海外の上海のSNHでずっと活動してきました。AKB48では、2期生として10年。48グループで色んな経験をさせていただいたんですけど、最近、グループから一歩外に出たときのことを考えると、楽しくなってきてワクワクしてきたなと自分の中で思ったので、そろそろ自分で足を踏み出すときが来たのかと思いました」と理由を説明した。

 また、番組内で卒業発表したことで「たくさんのアーティストさんが出演なさってて、ファンの皆さんもご覧になっていただいている中で、私がこんな時間を使わせていただいて本当に申し訳ございませんでした」とお詫びした宮澤。その後、T.M.Revolutionの西川貴教と「HOT LIMIT」の衣装でコラボした高橋みなみは、卒業を直前に聞いたといい「この流れでのコラボはまずいぞと、西川さんに謝りました」と笑わせると、西川も「僕もできれば、このかっこうで会いたくなかった」とかぶせて会場を笑いに包んだ。

 宮澤は『AKB48オープニングメンバーオーディション』に落選したが、2006年2月に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格し、2期生として加入した。12年11月に中国・上海のSNH48移籍。昨年2月の「組閣」でSKE48チームSを兼任し、リーダーに就任していた。



オリコントピックス