• ホーム
  • 芸能
  • THE HOOPERS・麻琴、“新加入”千知のカミングアウトにタジタジ

THE HOOPERS・麻琴、“新加入”千知のカミングアウトにタジタジ

 ボーイッシュガールズグループ・THE HOOPERS(ザ・フーパーズ)が、インタビュー番組『水曜のニョッキ』に登場。今年3月にメジャーデビューを果たし、7月から休養中だった佑妃(ユウヒ)が復帰。休養中に代役を務めていたAXELLの千知(セシル)も正式に加入し8人体制になるなど、日々変化し続ける彼女らの心中に迫った。

 約5000人の中から選ばれた7人の“イケメン”女子たちで活動を始めたTHE HOOPERS。オーディション当時を振り返り「男装に自信があった」と話すメンバーと、「自信が無く結果を出る前に帰ってしまった」と話すメンバーと、それぞれの個性あふれる話しで盛り上がった。

 途中加入で最年少の千知は「最初は不安の方が多かった」と緊張があったことを明かしたが「一番年上の麻琴くんには気を使う」とニヤリ。麻琴は「え、なんで!?」とタジタジになりメンバーを笑わせるなど、8人体制のトークでも抜群のチームワークを見せてくれた。

 きょう発売される4枚目のシングル「情熱は枯葉のように」では、メンバーが三角関係や両想いなど、さまざまな愛の形を歌う。より切なくさせるセリフが冒頭、曲奏、アウトロに入っており、キュンとなる楽曲になっている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス