• ホーム
  • 音楽
  • 小林幸子、生歌唱中に宙に舞う ネットで「まだ紅白じゃないのに」「浮いた」と話題に

小林幸子、生歌唱中に宙に舞う ネットで「まだ紅白じゃないのに」「浮いた」と話題に

 歌手の小林幸子が15日、NHK総合で放送された『わが心の大阪メロディー』(後7:30〜8:43)に出演。大阪市内にある日本一の超高層ビル「あべのハルカス」の展望台で「世界の国からこんにちは」を生歌唱した。

 展望台は地上約300メートルにあり、この日、小林は歌手人生の中で地上から最も高い場所での歌唱。白い羽に覆われた衣装をまとった小林は、満天の夜景をバックに1970年の大阪万博テーマソング「世界の国からこんにちは」を披露。歌唱途中に「スター・ウォーズ」のテーマ曲に変わると、小林は豪華衣装とともに宙に浮上した。

 これを受けツイッターを中心にネット上では「小林幸子浮いたーー!!!!!!!」「小林幸子巨大装置キターーーーーーーー」「小林幸子さんの舞台装置大好き!!!元気出る!!」「小林幸子飛んでるwwww」「小林幸子すごい!まだ紅白じゃないのに」と話題に。司会を務めた女優の波瑠も「宇宙の果てまで飛んでいきましたね〜」と目を丸くし「びっくりぽんや!」と驚いた。

 今年、小林は千葉・幕張メッセで開催されたイベント『ニコニコ超会議2015』でプロレスデビューを果たし、小林の声を元にして制作されたVOCALOID4対応のボーカル音源「Sachiko」を発売。東京ビッグサイトで開催された日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)88」に2年連続で参加するなど話題に事欠かず、今年の大みそかに同局で放送される『第66回NHK紅白歌合戦』では特別企画での出演が決定している。



タグ

オリコントピックス