• ホーム
  • 芸能
  • ハイヒール&川合俊一、『あさパラ!』放送1000回は「通過点」

ハイヒール&川合俊一、『あさパラ!』放送1000回は「通過点」

 読売テレビで土曜朝に放送されているバラエティー番組『あさパラ!』(毎週土曜 前9:25〜10:30)が12日、放送1000回を達成した。生放送終了後、司会のお笑いコンビ・ハイヒールのリンゴとモモコ、タレントの川合俊一がそろって取材に応じ、「ひとつの通過点でしかない」(リンゴ)と来年4月に迎える20周年に向けて、意気込みを新たにしていた。

 番組は1996年4月6日にスタート。1週間のニュースの振り返りや、生活・健康情報を主婦目線で紹介。リンゴがさまざまな場所や人をたずねたり、ニュースをわかりやすく解説する「リンゴ企画」や、モモコがスイーツやダイエットなど女性のための情報を発信する「モモコ企画」、川合が芸人と街ブラをする「川合俊一のSHUN一番」などの名物コーナーも誕生している。

 この日は、『あさパラ!1000回スペシャル』と題し、通常の1時間枠を拡大した2時間スペシャルを放送。過去の名珍場面をVTRで振り返る企画で、第1回の放送に0歳9ヶ月で出演したモモコの長男・仁一郎くんの映像が流れた後、現在、20歳の大学生になった仁一郎くんの姿も併せて紹介され、モモコは「長男の成長が番組の歴史とともにあるような気がします。1000回って、歴史やな〜と」と感慨深げ。「番組を始めたころはまだ30代やったけど、もう50代になってしまいました」と笑った。

 川合は「始めたころはこんなに長く続く番組だとは思ってなくて、ちょっとビックリしています」と話し、「関西のレギュラー番組はこれが初めてだったんですが、最初はえらいとこにきちゃったなと思いました。なにしろ、この2人が強烈でしょ?」と、ハイヒールの二人に圧倒されっぱなしだったことを懐かしんだ。今では二人を爆笑させるボケを積極的に放つほど成長し、「おかげさまでバラエティーの勉強をさせていただきました!」と二人に深々と頭をさげた。

 芸能から社会問題まで最新のニュースを、スタジオのにぎやかなトークを交えながらわかりやすく伝えるスタイルは、今では情報番組の“スタンダード”になっているが、同番組がスタートした当時は新しい挑戦だった。

 リンゴは「時代が『あさパラ!』に追いついた?(笑)」とおどけてみせたが、このスタイルの誕生のきっかけになったのは、ほかならぬリンゴのひと言があったから。「番組が始まるとき、当時のプロデューサーに『何がやりたい?』と聞かれて、『ニュースをわかりやすくやりたい』と答えたらしいんです。私はすっかり忘れてたんですけどね(笑)」と語り、「おかげでスタッフは大変です」とスタッフの労をねぎらっていた。



オリコントピックス