• ホーム
  • 映画
  • 劇場版『遊☆戯☆王』ファンの期待あおる特報第2弾

劇場版『遊☆戯☆王』ファンの期待あおる特報第2弾

 劇場アニメ『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(来年4月23日公開)の本ポスタービジュアル、そして特報映像第2弾が相次いで解禁された。映画館での幕間上映やYouTubeの東映映画チャンネルで公開された「特報2」では、新たに明かされる物語の一端を垣間見ることができる。

 映画館などでの掲出が始まった本ポスタービジュアルに描かれているのは、主人公・武藤遊戯と、その永遠のライバル・海馬瀬人。そして、本作に新登場する謎の少年・藍神の姿。その中で一番目を引くのは、遊戯が手にしている千年パズルだ。

 『遊☆戯☆王』の原作やアニメでは、「もう一人の遊戯・アテム」と決別した際にこの千年パズルも失われたように描かれていたが、それが遊戯の手に握られており、そのピースはひとつ欠けてしまっている。その意味するところは一体…。対する、海馬は新しいデュエルディスクをひっさげ、その手に並ぶカードには「青眼の亜白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)」。怪しく笑う藍神の額には意味深な模様も浮かんでいる。

 特報2では、アテムと最後の決闘を終え、再び日常の暮らしを取り戻していた遊戯たちの前に藍神が現れ、謎のキューブを出し、その額に三角の印を光らせる。彼は一体何者なのか。そして、何の目的で遊戯の前に現れたのか? さらに、箱にしまわれた千年パズルのかけらや、瞳を光らせる子どもたちの意味深なシーンも登場。彼らはまた、千年パズルによって導かれることとなる。

 海馬によるダイナミックな「青眼の白龍」のドローシーンや、遊戯の召喚する「ブラック・マジシャン」のシーンなどの決闘(デュエル)シーンもふんだんに盛り込まれ、ファンの期待をあおる仕上がりとなっている。

■公式サイト
http://www.yugioh20th.com/

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 遊戯の手に握られた千年パズルの意味するところは? 『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(来年4月23日公開)本ポスター(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会
  • 特報第2弾の場面カット(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会

オリコントピックス