• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、9年ぶりに『さんまのまんま』登場

ビートたけし、9年ぶりに『さんまのまんま』登場

 お笑いタレントのビートたけしが、来年1月2日放送の関西テレビ・フジテレビ系『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』(後3:45〜6:30)に出演する。明石家さんまがホストを務めるトーク番組『さんまのまんま』にたけしが出演するのは、9年ぶり4回目。先日行われた収録では、バラエティー黄金期を駆け抜けたたけしとさんまが差し向かい、今だから話せるような話が続出して、大いに盛り上がった。

【写真】その他の写真を見る


 「こんなジジイ二人で何話すんだよ?」というたけしに、さんまは「そろそろ我々が芸能界を辞めた方が、後輩が伸びるんじゃないか」という話題を振る。すると、たけしは「辞めるわけねえじゃねえか。俺らが若い芽を踏んづけておいて、それでも育ったやつが伸びるんだよ」とバッサリ。さらに「お前(さんま)は、芽を踏むんじゃなくて、抜き取ってるだろ」と突っ込み、そこからお笑い界のトップを走り続けている二人ならではの深いお笑い談義を繰り広げる。

 絶大な人気を誇っていたザ・ドリフターズに、たけしやさんまが『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)で真正面から挑んだ時代の話題になると、「あの頃は、ドリフターズ派とひょうきん族派に客が分かれていたよな」と振り返り、最近、たけしが志村けんと当時のことを語り合ったエピソードも明かされた。

 いまのお笑い界に対して、たけしは「今の人たちは俺たちよりずっと上手いけど、飛び抜けている人がいない」と言い、さんまも「みんなネタが上手いのは認めるけど…」と真面目なお笑い評や今後のお笑い界を心配する声も飛び出した。

 さらに、たけしは約30年前にフライデー編集部を襲撃し、その後1994年にバイク事故で大けがをする事件が続いた当時に触れ、「もう芸能界に戻れないと思った。つらい時は、あの事故で死んでいた方が良かったと思うこともあった」と衝撃の告白。「何で相談してくれなかったんですか?」とさんまを驚かせていた。

 同番組には、ほかに宮沢りえ市川染五郎、松本金太郎、今田耕司井上真央コージー冨田原口あきまさホリみかん福田彩乃と、今田がオススメする芸人6組が登場。

 中でも宮沢は同番組初出演で、さんまと共演するのも十数年ぶりとなる。宮沢は「出演したいと思っていたんですけど、『さんまのまんま』に出演するにはトークの水準が達していないと思って。今回やっと出演できて本当にうれしいです」とコメント。

 正月にふさわしい艶やかな装いで現れた宮沢にうっとりしながら、さんまは「初めてあったのは16歳の時やったよなぁ」と、26年前に初対面した時に思を馳せていた。当時、宮沢はさんまに自身の写真集を渡すため、車に置いてある写真集を走って取りに行き、息を切らせながらさんまの元へ戻ってきて、手渡したというエピソードがあり、さんまは「ずっと忘れられない。あの時、抱きしめたかった!」としみじみ。そんな宮沢も、今では6歳の女の子の母親。「私よりも大人」だという娘の話も飛び出す。また、「一生芝居は続けるの?」との問いに、宮沢は「55歳ぐらいから…」と今後の意外な展望を明かす。



関連写真

  • 「こんなジジイ2人で何話すんだよ?」と朝から毒舌のビートたけし
  • 来年1月2日放送の関西テレビ・フジテレビ系『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』ビートたけしが出演(C)関西テレビ
  • 来年1月2日放送の関西テレビ・フジテレビ系『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』宮沢りえが出演(C)関西テレビ
  • 来年1月2日放送の関西テレビ・フジテレビ系『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』宮沢りえが出演(C)関西テレビ

オリコントピックス