• ホーム
  • 芸能
  • 年間TV出演本数、国分太一がV2 ハライチ・澤部佑が3位に大躍進

年間TV出演本数、国分太一がV2 ハライチ・澤部佑が3位に大躍進

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは15日、『2015タレント番組出演本数ランキング』を発表。昨年、初の年間王者となったTOKIO国分太一が653本に出演し、2位のバナナマン設楽統(556本)に100本近くの差をつけてV2を達成した。3位には、上位2人のような帯番組の司会を持たないながらも、458本に出演したお笑いコンビ・ハライチ澤部佑がランクインした。

 上半期を1位で折り返した国分は、堂々の2年連続年間1位を獲得。朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)や『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)の帯番組に加え、『男子ごはん』『たけしのニッポンのミカタ!』(ともにテレビ東京系)などソロのレギュラー、さらに『ザ!鉄腕!DASH!』(日本テレビ系)『TOKIOカケル』(フジテレビ系)などTOKIOとしての出演も多く、昨年とまったく同数の番組数でV2を果たした。

 昨年に続いて2位の設楽は、国分と100本近くの差があるが、逆に3位の澤部とも100本近くの差をつけた。『ノンストップ!』(フジテレビ系)や『沸騰ワード10』(日本テレビ系)ではMC、『クレイジージャーニー』(TBS系)ではコメンテーター、『ジョブチューン』(TBS系)ではひな壇、『そんなバカなマン』(フジテレビ系)ではロケなど、番組によって立ち位置を変えられるポテンシャルの高さがあり、人気タレントとして盤石の地位を築いている。

 4位に加藤浩次、5位に坂上忍と帯番組の司会者が上位を占める中、帯番組だけでなく「冠番組」も持たずに3位に入った澤部は、大健闘といえる。当初は“いじられキャラ”として認知されてきたが、『あさチャン』(TBS)では情報番組のコメンテーター、『コレ考えた人、天才じゃね!?』(テレビ東京)ではMCを務めるなど、タレントしての幅も広げてきた成果が、昨年20位圏外からの大躍進に結実した。多忙な1年だったにも関わらず、5年ぶりに復活した『M-1グランプリ』も決勝に進出し、本業の漫才でも結果を残している。

 女性タレント部門では、昨年1位の大久保佳代子を抑え、429本に出演した小島瑠璃子が初の1位に。全体ランキングでも7位に入り、昨年の20位から大きく順位を上げた。以下、大久保、夏目三久ハリセンボン近藤春菜箕輪はるかに続き、マツコ・デラックスが6位にランクイン。今年春より3つの新番組がスタートし、日曜を除く週6日で7本のレギュラー番組を持ったことで、昨年の圏外から大きくジャンプアップした。

 また、昨年と比較して今年の出演番組数を増加させた「ブレイクタレント」ランキングでは、米国人ピン芸人・厚切りジェイソンが、昨年の0本から153本に増加させて首位を獲得。以下、おかずクラブ、篠原信一、あばれる君と続き、とにかく明るい安村、クマムシ、8.6秒バズーカーなど今年を代表するお笑い芸人、さらに佐藤栞里、藤田ニコル、GENKINGなども登場した。

 なお、今年より新設された複数回放送されても同一タイトルは1本とカウントする『テレビ番組出演(タイトル)本数ランキング』では、タレントの鈴木奈々が135タイトルで1位、おのののかが132タイトルで2位、澤部が127タイトルで3位となった。

■最近のテレビ番組出演本数1位(ニホンモニター調べ)
2010年=オードリー(507本)
2011年=有吉弘行(499本)
2012年=設楽統【バナナマン】(611本)
2013年=設楽統【バナナマン】(615本)
2014年=国分太一【TOKIO】(653本)
2015年=国分太一【TOKIO】(653本)

【調査概要】
調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2015年1月1日〜11月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサーは対象外とする
・通販番組出演者は対象外とする(ニュース番組内でのコーナーとしての通販出演者は含む)
・再放送番組は対象外とする
・ナレーション出演は対象外とする
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2015/1215.html)







■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 『2015タレント番組出演本数ランキング』で大躍進したハライチ・澤部佑 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2015タレント番組出演本数ランキング』で2年連続2位となったバナナマン・設楽統 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2015タレント番組出演本数ランキング』で初の女性部門の首位に輝いた小島瑠璃子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス