• ホーム
  • 芸能
  • 酒場詩人・吉田類氏、『下町ロケット』で役者デビュー 小泉孝太郎の父親役

酒場詩人・吉田類氏、『下町ロケット』で役者デビュー 小泉孝太郎の父親役

 大衆酒場ブームの先導役となった詩人の吉田類氏が、TBS系ドラマ『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)の最終話(20日放送)に急きょ出演することが追加発表された。BS-TBSで毎週月曜午後9時から放送されている『吉田類の酒場放浪記』が好調で、一部では“新・月9の顔”との呼び声高い吉田氏。今回、酒の世界を離れ、ドラマ初出演に挑む。

 同ドラマは、人気作家・池井戸潤氏の直木賞受賞作を原作に、ロケットエンジンの部品や心臓の人工弁の開発を目指す、町工場の社長・佃航平(阿部寛)らの奮闘記。

 吉田氏が演じるのは、第6話から始まった後半パート「ガウディ計画編」で、佃の前に立ちはだかるサヤマ製作所の社長・椎名直之(小泉孝太郎)の亡くなった父であり、一代でサヤマ製作所を興した初代社長・椎名直久役。経営状況がひっ迫していた中でも弱い面を見せず、息子のために気丈に振る舞ってきたが、急死。最終話で、“NASA出身”の看板のもと、強引な手法で仕事を取っていく椎名のスタイルは、父の影響だったことが明らかになる。

 吉田氏は「ただひたすら夢中でチャレンジさせてもらいます。とにかく人生で初めてのことです。未知の惑星に降り立つような緊張感と期待感に心ときめかせております」とコメント。自身の番組『酒場放浪記』でも数多くの下町工場を訪ねてきたこともあり、「下町の小さな工場が実は世界の先端技術の一翼を担っていることは僕たちの誇りでもあります。そんな下町パワーを応援させていただけたら、大変うれしく思います」と思いを重ねていた。



オリコントピックス