• ホーム
  • 芸能
  • ロンブー淳、地方局が“熱い” 北海道ローカルで実験的バラエティー

ロンブー淳、地方局が“熱い” 北海道ローカルで実験的バラエティー

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳。最近、地方局の番組での活躍ぶりが“熱い”。自身のツイッターにも「地方局が熱い!」「地方局からテレビの流れが変わるといいなぁ…と思います。」と書き込んでいるほど。レギュラー放送されている大阪・MBSの『ごぶごぶ』、福岡・KBCの『ロンプク☆淳』、東京・TOKYO MX『淳と隆の週刊リテラシー』のほか、今月4日よりHBC(北海道ローカル)で3回シリーズ番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』がスタート。ツイッターを活用した番組で、北海道民の意外な一面を掘り起こし、注目を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』は、フォロワー数170万人を超える(12月10日現在)淳が、北海道でおバカなつぶやきをしたらどうなるか?を、リアルなドキュメントとしてテレビカメラが追いかけるバラエティー。

 淳は、ツイッターでさまざまな呼びかけをして情報を集めたり、“集合”をかけて集まってきた仲間やファンと遊んだりしてきた。それを北海道でやったらどうなるか、という淳にとっても初めての実験が行われた。

 実際、10月某日に、淳は「10月26日(月)13時に『大切な何かを抱いて、クラーク像前に集合』」とツイート。ロケ当日は平日だったこともあり、不安が先立つ番組スタッフに、淳は「大丈夫!」と強気な発言を繰り返していた。果たして、車がないと行きづらい、時期的にもう寒い、といった北海道ならではのマイナス要素も乗り越え、予想を上回る約50人が集まった。

 淳はカメラの前で、集まった“素人”一人ひとりをいじり、1時間の放送枠に収まりきれないほどの映像を収録。番組スタッフの不安はいつしかうれしい悲鳴に変わっていた。淳の影響力の大きさに番組スタッフも脱帽。テレビ放送に入りきらなかった人たちのために、急きょ“ほぼノーカット版”を1週間限定でYouTubeに公開するといったアフタフォローを行なったほどだ。

 3回シリーズの2回目は11日深夜に30分枠(深0:20〜0:51)で放送。「北海道の有名人になりきって、道新ホールに集合!」という呼びかけに、百戦錬磨の淳をも困惑と混沌へと突き落とす濃いキャラクターの持ち主たちが集まってきた。最終回は18日深夜(深0:35〜1:06)に放送される。



関連写真

  • HBC(北海道ローカル)の番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』3回シリーズの2回目は12月11日放送(C)HBC
  • 3回シリーズの2回目は12月11日放送。写真は道新ホールで指揮者の衣裳に身を包み、「北海道の有名人になりきった人」を待ち受ける淳(C)HBC
  • 写真は札幌西区の森の中でトラディショナルな狩人の衣裳で「森の動物になりきった人」を待ち受ける淳(C)HBC
  • HBC(北海道ローカル)の番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』3回シリーズの2回目は12月11日放送(C)HBC
  • HBC(北海道ローカル)の番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』3回シリーズの2回目は12月11日放送(C)HBC
  • HBC(北海道ローカル)の番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』3回シリーズの2回目は12月11日放送(C)HBC
  • HBC(北海道ローカル)の番組『ロンブー淳の休日「北海道で○○集合」』3回シリーズの3回目は12月18日放送(C)HBC

オリコントピックス