• ホーム
  • 芸能
  • 黒柳徹子、人生の“伴侶”求む「諦めてない」

黒柳徹子、人生の“伴侶”求む「諦めてない」

 女優の黒柳徹子(82)が9日、都内で行われた『平成27年(第44回)ゆうもあ大賞』贈呈式に参加した。“欣也ちゃん”と呼ぶほど仲の良い俳優・北大路欣也が妻を連れて出席したが、自身も「諦めてはいない」とキッパリ。「茶飲み友達というか、旅行なんか行って『きれいな夕日だね』『そうだね』とかバカみたいですけどいいなって思ってる。そういうチャンスがあったら」と乙女心をのぞかせた。

【写真】その他の写真を見る


 今年は文化功労者に選ばれ、年末のNHK紅白歌合戦の総合司会に起用されるなど大活躍したが「『徹子の部屋』はあと10年、50周年まではやりたい。そうなると90歳になってくるのでそれまでは頑張りたい」とまだまだ現役宣言。以前は舞台出演は「100歳まで」と発言したが「考えてみると舞台まで行くのが大変。劇場までたどり着くのが大変。でもできたら100歳までやりたい」と改めて意欲を見せた。

 一部報道では車いす移動もうわさされている黒柳だが「もう少ししたら、重要な仕事の前は転ぶといけないので乗ろうかと。でも現在は乗っておりません。歩いておりますのでご心配なく」と否定し、病院から仕事場に通っているとも報じられたが「風邪の薬を病院に打ちに行ってそのまま寝ちゃって仕事に行ったのかと。私は元気でいますので大丈夫です」とアピール。「夜寝る前にジャイアント馬場さん直伝のスクワット50回と、貴ノ花さんに教えてもらったやり方で体を沈めて30秒数えてます」と健康法を明かした。

 今年で44回目となる同賞はその1年に『“ユーモア”で貢献し、世の中に明るい話題を提供した人物』を表彰。このほかヤクルトスワローズ・真中満監督が受賞した。



関連写真

  • 結婚願望を明かした黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)ヤクルトスワローズ・真中満監督、黒柳徹子、北大路欣也 (C)ORICON NewS inc.
  • 『平成27年(第44回)ゆうもあ大賞』贈呈式に出席した北大路欣也 (C)ORICON NewS inc.
  • 『平成27年(第44回)ゆうもあ大賞』贈呈式に出席したヤクルトスワローズ・真中満監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス