• ホーム
  • 映画
  • クリス・ヘムズワース、過酷な減量「つらかった」 『白鯨との闘い』NYプレミア

クリス・ヘムズワース、過酷な減量「つらかった」 『白鯨との闘い』NYプレミア

 映画『白鯨との闘い』(来年1月16日公開)のニューヨークプレミアがこのほど、開催され、『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワース、新たな『スパイダーマン』となることが決定しているトム・ホランド、ロン・ハワード監督らが出席。レッドカーペットが敷かれた会場には世界中から200人を超えるマスコミが詰めかけ、大きな盛り上がりを見せた。

 同作は、太平洋沖4800キロという死の海域で捕鯨船“エセックス号”を襲った衝撃の実話を、『アポロ13』『ビューティフル・マインド』などを手がけてきたハワード監督が映画化。太平洋のど真ん中で体長30メートルの巨大な鯨に船を沈められてしまうが、家族のために必ず帰ると誓った船乗りたちは、絶望の漂流生活の中で生き延びるためにある究極の決断を下す。

 俳優たちがリアルな漂流生活を再現するために過酷な減量に挑んだことでも話題を集めており、主演のヘムズワースは「一番つらかったのはダイエットだね。でも、実話を描くためには必要な過程だから避けては通れないことはわかっていた。撮影が終わった時には、パスタとピザを食べたよ。一番食べちゃいけないものだったからね(笑)」と撮影を振り返る。

 日本のファンに向けてのコメントを求められると「コンニチワ! アリガトウ!」と日本語で話し、「日本はとても美しいところだし人々も優しい。和食ももちろん大好きさ」とメッセージ。ハワード監督も「日本のみなさんこんにちは、僕は監督のロン・ハワードです。今回は日本に行けなくて残念だけど、またお会いできるのを楽しみにしているよ」と呼びかけた。

 甘いマスクと抜群の演技力で注目を集めているホランドは、「クリス・ヘムズワースをはじめとした素晴らしい先輩たちと、たくさんの名作を生み出してきたロンと一緒に仕事ができて幸せだよ。毎日多くのことを学び、この作品は僕の人生の中でも大きなターニングポイントとなった。これからの映画人生の中で何をしたいかが明確になったんだ」と同作への参加を誇らしげに語っていた。



タグ

オリコントピックス