菜々緒、念願の“女子高生制服姿”公開

 モデルで女優の菜々緒が、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(毎週火曜 後10:00)の第8話(8日放送)で、“制服の女子高生”姿を披露する。同ドラマで殺人鬼・橘カラを熱演している菜々緒。最終回直前の8話には、カラの高校時代を回想するシーンがあり、彼女が殺人鬼と化した背景や過去が明らかとなる。

【写真】その他の写真を見る


 「制服を着て女子高生の役をやりたい」と話していた菜々緒の希望はかなえられたものの、台本に書かれていたことはかなり衝撃的。カラは、高校時代にある女子生徒と仲良くなったこと、その子がきっかけで整形を始めたこと、そして、恐るべきある衝動に駆られたことなどが、本人の口から語られる。

 同ドラマは、『モーニング』(講談社)で連載されていた山崎沙也夏氏の漫画を原作に、事件の初動捜査にあたる機動捜査隊(通称:キソウ)の捜査員が主人公の物語。相棒でありながら恋人同士でもある松坂桃李演じる里見偲と木村文乃演じる猪熊夕貴が、とある殺人現場に突如現れた謎の美女・カラと出会い、運命を狂わされていくクライム・ラブサスペンス。

 先週放送の7話でカラに監禁された猪熊は、管内で起きた一連の殺人事件がカラの犯行だった事にようやく気がつく。カラから精神的にも肉体的にも追いつめられた猪熊は、脱出する事ができず絶体絶命の危機に。一方、猪熊の失踪を知った里見は、カラを襲った容疑で自宅謹慎中にも関わらず、単独で捜査を行うも、カラにマインドコントロールされた渡(光石研)に襲われてしまう。

 8話では、カラの高校時代だけでなく、里見と猪熊の出会いと付き合い始めるまでのエピソードも描かれる。先週放送の7話で、渡に襲われた里見は、薄れる意識の中で、初めて猪熊に出会った頃のことを思い出す。それは4年前、まだ巡査だった里見が、街中でひったくり犯を捕まえ、当時交番勤務だった猪熊と出会い、一瞬にしてその笑顔にひかれる。これは、原作者の山崎氏が描き下ろし、10月に『週刊モーニング』に掲載された作品の映像化となる。



関連写真

  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で殺人鬼・橘カラの高校時代を演じる菜々緒(C)関西テレビ
  • 里見は交番勤務だった頃の猪熊(木村文乃)と出会い、一目ぼれ(C)関西テレビ
  • 里見(松坂桃李)は意を決して猪熊(木村文乃)にキスをするシーン(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で殺人鬼・橘カラの高校時代を演じる菜々緒(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で「私の計画に変更は無い」と語って、ついに…!!(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で里見と猪熊の出会いのエピソードが描かれる(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で里見と猪熊の出会いのエピソードが描かれる(C)関西テレビ
  • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』第8話(12月8日放送)で意識不明の重体となる里見(C)関西テレビ

オリコントピックス