• ホーム
  • 芸能
  • 平良とみさん死去 87歳 『ちゅらさん』の「おばぁ」で親しまれる

平良とみさん死去 87歳 『ちゅらさん』の「おばぁ」で親しまれる

 NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』(2001年)などで知られる女優の平良とみさんが6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため、那覇市内の病院で死去した。87歳だった。

 平良さんは1928年11月5日に那覇市で生まれ、13歳の時に石垣島で翁長座に入団。沖縄歌劇、沖縄芝居の名脇役として活躍した。『ちゅらさん』ではヒロイン・国仲涼子(36)の祖母を熱演。その後も「おばぁ」の愛称で親しまれた。

 葬儀・告別式は8日に那覇市内で行われる。喪主を務める夫の進(すすむ)氏は「全国の皆さんにかわいがられて、いつもいつも感謝していました。そのためにも、これからも後輩のためにも、頑張りたいというのが口癖でした。本当に、皆さまありがとうございました」とコメントした。



オリコントピックス