• ホーム
  • 芸能
  • 相田翔子、Wink笑わない理由告白「緊張のせい」

相田翔子、Wink笑わない理由告白「緊張のせい」

 女優の相田翔子が7日、都内で行われた海外ドラマ『ブラックリスト シーズン3』アフレコ取材に出席した。海外ドラマ声優に初挑戦した相田は「Wink時代からあがり症で毎回テレビでも緊張していた」と告白。「デビュー当時は無表情で、『愛想がない』とか『お人形みたい』と言われてたんですけど、緊張のせいで顔がこわばっていた」と苦笑しながら理由を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 それでも「愛が止まらない」「淋しい熱帯魚」などヒット曲が生まれWinkはブレイクし「歌を届けなきゃという思いで気持ちを込めて歌っているうちにイメージが出来上がっていた」としみじみ。今回はハリウッドで話題を集めたアクションサスペンス作品の第一話で主人公をかくまうバーで働くティファニー役を堂々と演じたが「歌やお芝居に入っちゃうと緊張を忘れる」と手応えをにじませた。

 “あがり症”のせいで一昨年には趣味であるスキーの2級試験の際に「本番に力が入ってしまい、引っかかって転がった」ことから左肩腱板(けんばん)断裂の大怪我を負ったことも回顧。なんとか2級は無事取得できたようで「怖い経験もあったけど、いつか1級が取れれば」と目標を掲げていた。

 『ブラックリスト シーズン3』の『相田翔子吹き替え特別バージョン』はBSスカパー!などで放送予定。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • デビュー当時無表情だった理由を明かした相田翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 海外ドラマ『ブラックリスト シーズン3』アフレコ取材に出席した相田翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 海外ドラマ『ブラックリスト シーズン3』アフレコ取材に出席した相田翔子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス