• ホーム
  • 芸能
  • ももクロ有安杏果、扁桃腺を摘出「このままじゃ歌えない!!」

ももクロ有安杏果、扁桃腺を摘出「このままじゃ歌えない!!」

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ有安杏果(20)が7日、自身のブログを「さよなら扁桃さん。」と題して更新し、扁桃腺摘出手術を受けていたことを明かした。

 有安は「10月末からいきなり慢性化してしまい、扁桃炎を繰り返すようになっちゃって…このままじゃ大好きな歌が歌えない!!ってことでお医者さんとマネージャーさんと相談してお口の中から扁桃腺を取ることにしました」と手術を決意。この日のブログで「私、先日、扁桃腺摘出手術をしました」と術後について報告した。

 手術後、初めて歌ったのが2日夜に生放送されたフジテレビ系『2015FNS歌謡祭』だったといい「あんなたっくさんの人が観てる音楽番組で…もう緊張倍増でちゃんと歌えるか怖かったよぉー」と不安を抱えながら本番に臨んだという。

 本番は無事終了し「地上波で初めてサンタさんを歌えて嬉しかったし、さんと一緒に踊らせてもらったり、アルフィーさんとギターを一緒に弾かせてもらったり、憧れだったFNSに今年も出させてもらえてほんと嬉しいでありやすッ」と喜びを爆発させた。

 「まだお口の中から扁桃腺がなくなって違和感あるけど、早く慣れて今までより更に喉開いて歌声届けるからねーっ」と心機一転、「アルバム制作も遅れとってしもたから頑張るぞー!!あー早くヒトカラ行きたいー(笑)」と意欲的に報告している。



オリコントピックス