• ホーム
  • スポーツ
  • 猫ひろし、自己新記録でハーフマラソン大会準優勝 カンボジア国内では1位

猫ひろし、自己新記録でハーフマラソン大会準優勝 カンボジア国内では1位

 お笑いタレントの猫ひろしが現地時間6日、カンボジアで開催された「アンコールワット国際ハーフマラソン」にカンボジア代表選手として出場し、準優勝だった。タイムはハーフマラソンの自己新記録を更新し、1時間13分46秒。

 1位はオーストラリアの選手で、カンボジア国内では堂々の1位。好記録に猫も「ベストタイムを出せた!良かったニャー。オリンピック目指してがんばります!!」と、来年のリオ五輪に向けて、決意を新たにした。

 猫は今年2月の東京国際マラソンで、これまでの記録を3分縮めて2時間27分台を記録し、6月の東南アジア競技大会でカンボジアのマラソン代表選手に選出されている。



オリコントピックス