• ホーム
  • 音楽
  • 倖田來未、15周年ライブで大粒の涙「くじけそうなときもあった」

倖田來未、15周年ライブで大粒の涙「くじけそうなときもあった」

 歌手の倖田來未が、デビュー15周年記念日の12月6日、同じくオープン15周年のさいたまスーパーアリーナで、『KODA KUMI 15th Anniversary LIVE The Artist』ファイナル公演を行い、涙ながらに全国から集まった1万5000人のファンに感謝した。

【写真】その他の写真を見る


 オープニングを飾ったのは新曲「NO ME WITHOUT YOU」。“あなたがいたから今の私がいる”というメッセージと共に、全身で感謝の想いを表現し、いきなり涙するファンの姿も。あえてこの曲を1曲目に選んだのは「いちばん最初にファンに伝えたい想いを歌いたかったから」という。

 今回のライブは「エンターテイメント」「ヴォーカル」「ダンス」の3幕で構成。衣装もファッション性の高いパンツスーツからミリタリースタイル、定番のドレスなど“10変化”。序盤には映像機材トラブルで20分間中断するハプニングがあったものの、圧巻のダンスパフォーマンスと歌唱力でファンを魅了した。

 アンコールでは、15年前のこの日に発売されたデビュー曲「TAKE BACK」も披露。ラストには「大きな夢を持っている皆さんにこの歌を捧げたいと思います」という言葉と共に、定番ラストナンバー「walk」を熱唱した。1stアルバムに収録されている同曲は、つらいときもうれしいときも、歌い続けてきた楽曲。「一人でも多くのファンが自分たちの夢をかなえることができるように」との思いを込めて歌い上げた。

 倖田は「デビューから15年。15年も歌わせてもらえるとは思っていなくて、改めて感謝の思いを伝えたいです。本当に皆さんありがとうございます」とあいさつ。「デビュー当時はなかなか倖田來未という名前を覚えてもらえず、自分という人間をどう確立したらいいのか、すごく悩んだ時期もありました。デビューすることがゴールじゃない、もっともっと頑張らなきゃいけないんだって必死でした」とこれまでの道のりを振り返る。

 続けて「くじけそうなときもあったけど、みんながいたから今の自分がいます。みんながいるから今があると思っているし、みんながいたから頑張れた。支えてくれるファンや家族、友人、スタッフがいるからこそ、つらい時ほど笑っていたい、前を向いて頑張りたいって思えたんですね。ステージから見る景色を見たくて、気づいたら15年。これからも倖田來未の歌を通して、みんなの背中を押せるような、みんなが笑顔になれるような歌を歌い続けていきたいと思います」と大粒の涙を流しながら決意を新たにした。

 来年3月からは、自身初の47都道府県ツアーをスタート。年明けの1月20日にはバラードだけを集めたアルバム『WINTER of LOVE』を発売する。



関連写真

  • 10変化で魅せた倖田來未デビュー15周年記念ライブ
  • 「エンターテイメント」「ヴォーカル」「ダンス」の3幕で構成
  • 15周年記念日に決意を新たにした倖田來未
  • バラードコレクションアルバム『WINTER of LOVE』(来年1月20日発売)

オリコントピックス