• ホーム
  • スポーツ
  • 松岡修造が初のマラソン中継リポート「選手と同じ気持ちで伝える」

松岡修造が初のマラソン中継リポート「選手と同じ気持ちで伝える」

 スポーツキャスターの松岡修造氏が、6日正午からテレビ朝日系で放送される『第69回 福岡国際マラソン』で、マラソン中継リポートに初挑戦する。スタートからゴールまで、レースを追いながら、選手の息づかいや汗、表情、体の動きなどから松岡氏自身が感じた選手たちの熱い思いと共に42.195キロのドラマを伝えていく。

【写真】その他の写真を見る


 松岡は「人生初めてのマラソン中継リポート。しかも選手の方々の人生のかかった、大事な大事なオリンピック選考レースに、始まる前からワクワクしています! マラソンの技術的なことは僕にはわかりません。だからこそ選手の皆さんと一緒になって、42.195キロを走るように移動することで、選手と同じ気持ちになってその思いを伝えたい」と気合十分に語っている。

 今年の福岡国際マラソンは、来年のリオデジャネイロで開催されるオリンピックの代表選考レースの第1弾。国内選考対象レースは、この福岡、来年2月の東京マラソン、3月のびわ湖毎日マラソンの3レースとなっている。

 日本陸上競技連盟は代表選考について、「2時間6分30秒に到達した選手」という設定記録を発表。しかし、このタイムは日本歴代2位の記録に相当し、現役の日本人選手の中でこのタイムを破ることは難しいとされている。まずは3つある選考レースで日本人選手3位以内になることが第一条件で、さらに日本人トップで設定記録により近いタイムを出すことが五輪選考で有力候補となる。

 福岡には、最強の市民ランナー、川内優輝が「最後の五輪挑戦。文句なく選ばれたい」とすべてをかけて挑むほか、現日本記録保持者・高岡寿成監督の指導を受けるカネボウの門田浩樹、箱根駅伝のスターだったトヨタ自動車の外丸和輝など、リオ五輪の主役候補たちが集結。4年に1度の五輪をかけ、日本人選手たちの熱い代表争いが繰り広げられる。



関連写真

  • 12月6日、テレビ朝日系で放送『第69回福岡国際マラソン』。同局のリオ五輪メインキャスター・松岡修造氏が選手たちの熱い戦いを伝える(C)テレビ朝日
  • 「僕も42.195キロを走るような、選手たちと同じ状態になって熱い思いを伝えたい!」(C)テレビ朝日
  • リオ五輪選考レース『福岡国際マラソン』に最強市民ランナー・川内優輝選手(埼玉県庁)が挑む(C)テレビ朝日
  • 12月6日、テレビ朝日系で放送『第69回福岡国際マラソン』に出場する門田浩樹選手(カネボウ) (C)テレビ朝日
  • 12月6日、テレビ朝日系で放送『第69回福岡国際マラソン』に出場する外丸和輝選手(トヨタ自動車) (C)テレビ朝日

オリコントピックス