• ホーム
  • 映画
  • N.W.A.の伝記映画 熱狂のライブシーン撮影秘話&画像独占公開

N.W.A.の伝記映画 熱狂のライブシーン撮影秘話&画像独占公開

 アメリカの伝説的ヒップホップ・グループ・N.W.A.の知られざる物語を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(19日公開)の劇中ライブ写真が5日、ORICON STYLEに到着した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、“世界で最も危険なヒップホップ・グループ”N.W.A.の結成から成功への道のりと挫折、名声の代償、権力と偏見との戦い、裏切り、そして友との別れ…その知られざる物語を描きだす。

 アメリカでは『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のオープニング興行収入を抜き去り、全米興行収入3週連続No.1を記録。エミネム主演の大ヒット映画『8Mile』の全米累計興行収入を超え、音楽伝記映画歴代1位となり、世界興収2億ドルを突破した。

 出演者は全員オーディションで選ばれ、メンバーの一人アイス・キューブを実の息子オシェイ・ジャクソン・Jrが熱演。彼らのマネージメント役を演技派俳優ポール・ジアマッティ、プロデューサーには、N.W.A.のメンバーだったドクター・ドレーとキューブが名を連ねている。

 公開された場面写真は、N.W.A.の人気ぶりを完璧に再現した狂乱のライブシーン。キャストたちは、ラップのスタイルとステージ上での動き、ターンテーブルの使い方など仕草や言動をこと細かく学び、N.W.A.メンバーとの対話を繰り返すことで、当時全米を熱狂の渦に巻き込んだパフォーマンスの理解を深めた。本番ではエキストラとして駆けつけたN.W.A.のコアファンの前で実際のライブ同様にパフォーマンスを披露し、キューブとドレーからも大絶賛された。

 オシェイ・ジャクソン・Jr.は「俺が舞台でパフォーマンスを披露してるのを見て、ドレーが昔に戻ったみたいだったと言ってくれた時、自分はちゃんと演技できてるんだなと感じたよ」と撮影を振り返る。別のライブシーンの撮影合間には、コアなN.W.A.ファンが、イージー・E役のジェイソン・ミッチェルに「愛してるぜ! イージー!!」と叫ぶ一幕もあり、キャストの演じたライブシーンはファンにも認められている。

 さらに、裏方であるアイス・キューブとウィリアム・“WC”・カルフーン(ラップコーチ)も舞台にあがって曲を披露するサプライズもあり、現場にいた監督、キャスト、集まったエキストラたちを再び熱狂させた。



関連写真

  • N.W.A.の知られざる物語を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の劇中ライブ写真 (C)2015 UNIVERSAL STUDIOS
  • 会場に集ったファンたちを熱狂させた (C)2015 UNIVERSAL STUDIOS
  • N.W.A.の知られざる物語を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の劇中ライブ写真 (C)2015 UNIVERSAL STUDIOS

オリコントピックス