• ホーム
  • 映画
  • 中村蒼、テレビ男役に苦戦「軽くパニック」

中村蒼、テレビ男役に苦戦「軽くパニック」

 俳優の中村蒼が5日、都内で主演映画『春子超常現象研究所』(竹葉リサ監督)の初日舞台あいさつを行った。公開初日を迎えて「小日向文世さんやブラザートムさん、斎藤工さん、池鉄(池田鉄洋)さんといったすばらしい方々と一緒にできることはなかなかない。もはやそれが“超常現象”」と喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 突然心と体を持ってしまったテレビ男を熱演し「最初話を聞いた時、軽くパニックを起こしました」と苦笑。それだけに役作りにも苦労し「実際にテレビをかぶると聞いて、最初は想像がつかなかった。試行錯誤しながら、どうしたらしっくりハマるのかというのを試しながらやっていました」と、スタッフとも綿密な打ち合わせを重ねたという。

 そんなテレビ男に好意を寄せるヒロイン・春子役を演じた野崎萌香は「最初に脚本をいただいた時は、監督の想像性にあっぱれという感じでした」とにっこり。「春子は自分の未来に不安を抱えているのですが、自分のやりたいことには一目散に突き進む女の子なので、そういうところを大切にして演じました」と振り返っていた。



関連写真

  • 中村蒼 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビを持って仲良く撮影に臨んだ(左から)中村蒼、野崎萌香 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『春子超常現象研究所』舞台挨拶に登壇した(左から)野崎萌香、中村蒼、竹葉リサ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『春子超常現象研究所』舞台挨拶に登壇した野崎萌香 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス