• ホーム
  • 映画
  • 唐沢寿明、ジョーク封印で役作り没頭 杉原千畝役に「苦労した」

唐沢寿明、ジョーク封印で役作り没頭 杉原千畝役に「苦労した」

 俳優の唐沢寿明が5日、都内で行われた主演映画『杉原千畝 スギハラチウネ』初日舞台あいさつに登壇。第二次世界大戦中、赴任地のリトアニアでユダヤ難民にビザを発給し約6000人の命を救ったという外交官・杉原千畝役を熱演し「今までにない集中力を使った」と回顧。無事公開初日を迎え「感無量でございます」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 役作りのため、過去の資料などを調べたといい「杉原さんはヒントや情報の少ない方。奥様の著書では、寡黙でいつもニコニコして優しい人っていうイメージがあるけど、残っている肉声を聞くとすごく熱い一面もあった。だから、そこ(のバランス)で苦労しました」。

 その苦労を共演陣も感じていたようで、小日向文世は「唐沢さんはたいてい、冗談をたくさん話す方なんですけど、今回の撮影現場に行った時は本当に物静かで、今思うと本当に役に入ってたんだなと思いました。沈着冷静な杉原千畝さんの気持ちに入っていたんだなと思いました。冗談の一言も言ってなかった」と共感。唐沢は恥ずかしそうに「言う余裕がなかっただけですよ」と返すのがやっとだった。

 舞台あいさつには小雪塚本高史チェリン・グラック監督のほか、杉原から実際にビザを受け取ってアメリカへと亡命した“スギハラサバイバー”のシルビア・スモーラー氏も登壇した。



関連写真

  • 唐沢寿明 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)チェリン・グラック監督、小雪、シルビア・スモーラー氏、唐沢寿明、小日向文世、塚本高史
  • 映画『杉原千畝 スギハラチウネ』初日舞台あいさつに登壇した小雪 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『杉原千畝 スギハラチウネ』初日舞台あいさつに登壇した小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『杉原千畝 スギハラチウネ』初日舞台あいさつに登壇した塚本高史 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス