• ホーム
  • 映画
  • ピクサー最新作『アーロと少年』予告編公開 壮大な冒険が始まる

ピクサー最新作『アーロと少年』予告編公開 壮大な冒険が始まる

 ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』(来年3月12日公開)の最新予告編が4日、解禁された。恐竜だけが言葉を話す世界を舞台に、弱虫で怖がりの恐竜・アーロと、勇敢な少年・スポットのコンビが、愛する人を失う悲しみと孤独、強大な敵や恐れに立ち向かい成長していく壮大な冒険を描いている。

 同作の舞台は、“もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら? そこは恐竜だけが言葉を話す世界――”。主人公・弱虫な恐竜のアーロは3人兄姉の末っ子。お父さんは、強くなってほしいという思いから嵐のなか山の中へと連れて行くが、アーロに命の危険が迫り、自らの命を犠牲にして死んでしまう。

 最愛の父の死を目にして寂しさと孤独を深めていったアーロも川に流されてしまい、家族と離れ離れに。見知らぬ土地でひとりぼっちになってしまったとき、まだ言葉をもたない人間の少年・スポットと出会う。

 予告編に登場するアーロの父でTレックスのブッチが「怖がってもいいんだ。一歩踏み出したとき、新しい世界が見える」と言っているように、「恐怖を乗りこえること」は本作のテーマのひとつ。ピーター・ソーン監督は「人生には楽しいことだけではなく、悲しいことやつらいこともある。その悲しみや自分の恐怖心を乗り越えていくアイデアがありました。そして、そのキーとなるものは、“愛”だと思ったんです」と本作に込めた想いを語っている。

 1日(現地時間)に発表された“アニメーション界のアカデミー賞”と言われる『アニー賞』では、作品賞を含む7部門10ノミネートを果たし、アカデミー賞のノミネートにも期待が高まっている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス