• ホーム
  • 芸能
  • 若槻千夏、9年ぶり『さんまのまんま』出演 さんまの「アカンよ」にスタジオ騒然

若槻千夏、9年ぶり『さんまのまんま』出演 さんまの「アカンよ」にスタジオ騒然

 タレントの若槻千夏(31)が、関西テレビで5日(後1:56〜2:25)、フジテレビで6日(後1:00〜1:30)に放送される『さんまのまんま』に約9年ぶりに出演する。子育てがひと段落し、本格的に芸能活動を再開させるにあたり、「お笑いモンスターに会ってあいさつしておかないと」と若槻。明石家さんまと7年ぶりの共演にドキドキだった。

【写真】その他の写真を見る


 若槻は、17歳で芸能界デビューし、グラビアやバラエティー番組などで活躍。2012年1月に一般男性との結婚と第1子妊娠を発表し、同年6月に女児を出産した。子育てを優先しながらキャラクター「クマタン」のプロデュースなど、デザイン・ファッションの分野で精力的に活動していたが、今年7月に『人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP』(日本テレビ)で4年ぶりにテレビ出演し、本格的に芸能活動を再開させている。

 さんまとは19歳の時に出会い、大阪でさんまが司会を務める番組で2年間共演していた若槻。当時、番組収録終わりにさんまから「若槻、アカンよ」と毎回ダメ出しを受けていたという。

 「さんまさんはお笑いモンスターって呼ばれている方だけあって、ホラー的な怖さがあるんです。背筋がピッとするような。どの芸能人にもないような雰囲気があるので、そういう意味では本当に怖かったです」。

 今回の収録では、若槻を震え上がらせたさんまの「アカンよ」が再現され、スタジオ中から悲鳴が上がるひと幕も。逆に若槻が10年前には言えずにいた本音をぶちまけてさんまに反撃する場面もあった。また、成長した娘の写真を見せたり、夫と結婚するに至った経緯なども報告。これからの目標について語ると、さんまから「何でそんなにハングリーになれるんや?」と聞かれ、意外な胸の内や芸能活動から離れていた理由も明かし、さんまを感心させていた。

 収録後、若槻は「昔と変わらずお笑いに厳しいさんまさんでした。今日お会いしたのは東京(収録)でのさんまさんだったので、大阪(収録)のさんまさんはもっと厳しいかもしれないです。だから、今はまだ大阪収録のさんまさんの番組には行けないですね(笑)。 今日は、さんまさんから『アカンよ!』というダメ出しがなかったので、 満足度としては、自分の中では100%です」と笑顔がこぼれた。



関連写真

  • 関西テレビで12月5日、フジテレビで12月6日放送、『さんまのまんま』ゲストは若槻千夏(C)関西テレビ
  • 「胸を張って話せるまで共演したくなかった」テレビを離れていた理由を赤裸々告白(C)関西テレビ
  • まんまコーナーでは“変わり種ラジコン”が床を駆け巡り、さんま&まんまがパニックに!?(C)関西テレビ
  • 関西テレビで12月5日、フジテレビで12月6日放送、『さんまのまんま』ゲストは若槻千夏(C)関西テレビ
  • 関西テレビで12月5日、フジテレビで12月6日放送、『さんまのまんま』ゲストは若槻千夏(C)関西テレビ
  • 関西テレビで12月5日、フジテレビで12月6日放送、『さんまのまんま』ゲストは若槻千夏(C)関西テレビ

オリコントピックス