• ホーム
  • 映画
  • 【世界のドラマ】スペイン『情熱のシーラ』主演 アドリアーナ・ウガルテ

【世界のドラマ】スペイン『情熱のシーラ』主演 アドリアーナ・ウガルテ

 昨年6月から10月にかけてNHK総合で放送された日本初のスペインドラマ『情熱のシーラ』。お針子のシーラが、スペイン内戦、第2次世界大戦時のスペイン、モロッコ、ポルトガルを舞台にスパイ活動に巻き込まれながらもたくましく生きる姿を描いた“ロマンス・ミステリー”だ。

【写真】その他の写真を見る


 堅実な婚約者がいながら、情熱的で奔放な男性ラミーロにひかれ、恋に落ちるシーラ。彼の仕事への野望を信じ二人でスペインを離れモロッコに移住するが、ラミーロの裏切りにより波乱の人生が始まる。折しもスペインでは内戦が勃発。借金を負ってしまったシーラは自らの裁縫技術を頼りにオートクチュールの店を開く。やがてナチスドイツの高官の妻たちの御用達となり、対立するイギリスから危険なスパイ活動を頼まれることになる。

 周りに流されやすいどこか甘さが残る女性が、スパイとして活動するうちに、その目に強い意志を宿し鋭さを増していくようになる。そんなシーラの変化をハラハラしながら見守っていた視聴者も多かったことだろう。スペインのマドリード、モロッコのタンジールやテトゥアン、ポルトガルのリスボン、エストリルなど、3ヶ国、約250ヶ所で行われたオールロケ撮影による異国情緒あふれる映像美も好評だった。現在はDVD化され購入またはレンタルで楽しめる。

 主役のシーラ・キローガを演じたのはスペイン女優のアドリアーナ・ウガルテ(30歳、1月17日に31歳)。

 昨年、初来日を果たしたアドリアーナは「7ヶ月間かかりきりだったのですが、その間、私にとってシーラはまるで双子の姉妹のような存在になっていました。シーラはごく普通の少女だったのに、行きがかり上、上流階級の女性のふりをして危険なスパイ活動をせざるを得なくなる、そういう二面性を持った女性を演じてみたいと思っていましたので、この役と出合えたのは願ってもいないチャンスだと思いました」と述懐。「日本の皆さんにもドラマを楽しんでいただけたと聞いています。ふりかかる困難に前向きに立ち向かうシーラのキャラクターを受け入れてもらえてうれしいですね」と喜んでいた。

 「小さい頃から女優にあこがれていた」というアドリアーナは「16歳の時に演技とダンスを学べる学校に入って、そこで出演したショートフィルムを観たプロデューサーが新しいプロジェクトに呼んでくれました」。2002年に短編映画『Mala Spine』でデビュー。この作品で初めての演技賞し「私はただ全力でぶつかっていくしかなくて、そうしたらまた次のチャンスをいただいて…。常に周りの俳優やスタッフに恵まれて、いい作品ができ上がって、それが自分の次のチャンスにつながって、いまの自分があると思っています。一つひとつの仕事に真摯(しんし)取り組んで、そのことを楽しんで、女優の仕事にまい進したいと思っています」。



関連写真

  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』でヒロインを熱演したアドリアーナ・ウガルテ (C)ORICON NewS inc.
  • DVD BOX 1(3枚組み、第1回から第8回まで収録)(C)ATRESMEDIA
  • DVD BOX 2(3枚組み、第9回から第17回・最終回まで収録)(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
  • 2015年6月〜10月にNHK総合で放送されたスペインドラマ『情熱のシーラ』場面写真(C)ATRESMEDIA
タグ

オリコントピックス