• ホーム
  • 芸能
  • 見栄晴、『FNS歌謡祭』出演は木梨憲武のイタズラ マネージャーが真相明かす

見栄晴、『FNS歌謡祭』出演は木梨憲武のイタズラ マネージャーが真相明かす

 タレントの見栄晴が2日、フジテレビ系音楽特番『FNS歌謡祭』に出演。歌手の藤井フミヤ、タレントのヒロミとんねるず木梨憲武が歌うステージ上でただただ立ち尽くし、特に何の説明もなかったことから、ネット上では「見栄晴」がトレンドワードとして急激な盛り上がりを見せた。

 見栄晴が登場したのは、藤井、ヒロミ、木梨の3人の旅番組から生まれたオリジナルソング「友よ」を披露したステージ。冒頭から3人と少し離れた後方に立っていた見栄晴は、不安げな表情を見せるも、その場から一切動かず。そのまま演奏は進み、曲が終わる際は3人とともに頭を下げた。

 その後も番組は進んだが、見栄晴についての説明は一切なし。視聴者の多くが疑問に感じたようで、放送直後からSNSなどで「なぜ見栄晴?」といった疑問が多数つぶやかれた。

 放送から20分後、見栄晴のマネージャーがツイッターで「先程本人と連絡が取れまして、憲武さんに『飯行くぞ!』と呼び出されたらFNS歌謡祭の現場だったそう(笑) そのまま引っ張り出されたらしいです!」と真相を説明。

 理由が明らかになり、「そういうことやったんか!」「そりゃ見栄晴自身もキョトンだわww」と納得した人や、「さすが憲さん!!」「超じわじわきてるwww」など木梨のイタズラに喜ぶ人の声が次々と投稿された。



オリコントピックス