• ホーム
  • 芸能
  • 歌舞伎俳優・中村歌昇、『下町ロケット』でTVドラマデビュー

歌舞伎俳優・中村歌昇、『下町ロケット』でTVドラマデビュー

 歌舞伎俳優の中村歌昇が、TBS系で放送中のドラマ『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)の第8話(12月6日放送)に出演することが追加発表された。中村が歌舞伎を離れ、役者としてテレビドラマに出演するのは今回が初。世良公則演じる貴船が教授を務めるアジア医科大学の研修医・葛西役を演じる。

 貴船がかねてより開発を推し進めてきた人工心臓・コアハート。8話ではついに念願がかない臨床試験がスタートするが、突然患者の容態が急変。たまたま担当医が不在だったため、研修医の葛西が応急処置をすることになる。

 歌昇は「今回初めてのドラマ出演で、このような素晴らしい作品に出演させていただき、とても光栄に思っております。研修医・葛西は、これからのお話のきっかけになる出来事を起こす人物なので、いろんな方々のお話を伺いながら一生懸命演じたいと思います」と話していた。

 直木賞作家・池井戸潤氏の小説『下町ロケット』『下町ロケット2 ガウディ計画』(ともに小学館)を、阿部寛主演で連続ドラマ化。10月18日に初回16.1%でスタートし、第2話(10月25日)=17.8%、第3話(11月1日)=18.6%、第4話(11月8日)=17.1%、第5話(11月15日)=20.2%、第6話(11月22日)=17.8%、第7話(11月29日)=17.9%と、高視聴率を獲得している(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。



オリコントピックス