• ホーム
  • 芸能
  • 新生M-1の覇者、直後の生番組に最速出演 敗者に聞きにくい事を聞く

新生M-1の覇者、直後の生番組に最速出演 敗者に聞きにくい事を聞く

 6日にテレビ朝日系で生放送される特番『聞きにくい事を聞く 生放送SP 人気芸人がガチで対決 取材力NO.1決定戦』(後9:00〜11:10)に、5年ぶりに誕生するM-1グランプリのチャンピオンが生出演。さっそく聞きにくい事を聞きに行ってもらうムチャぶりが計画されていることがわかった。

 5年ぶりに復活する『M-1グランプリ2015』(後6:30)に続いて、生放送される『聞きにくい事を聞く』は、お笑いコンビ・タカアンドトシ(タカ・トシ)と、サンドウィッチマン(伊達・富澤)の4人が、タイトルどおりの“聞きにくい事”を聞くバラエティー。

 しかも、実際に放送されるのは一般モニターと八木編集長の支持を獲得した作品だけ。どんなに頑張っても選ばれないVTRはお蔵入りというルールが、別のドラマを生んでいる。10月よりテレビ朝日(毎週水曜 深0:15〜0:45※関東ローカル)で番組がスタートし、深夜の放送にもかかわらず最高視聴率7.6%を獲得するなど、番組の存在も浸透しつつあり、初のゴールデン特番が放送されるに至った。

 今回の特番では、2007年にM-1を制したサンドウィッチマンに加え、08年M-1王者となったNON STYLEも特別出演。M-1覇者3組のそろい踏み。M-1チャンピオンになりたてのコンビに与えられるミッションは、ついさっきまでともに戦っていた敗者に対し、「敗れた今の心境は?」とマイクを向けるという、まさに究極の聞きにくい事。敗者から飛び出した答えに、勝者はどう対応するのか。M-1のために練習を積み重ねてきたネタではない、フリートークの実力がいきなり明らかになる。

 さらに、劇団ひとり吉村崇平成ノブシコブシ)も初レポートに挑戦。激安宿泊施設で聞く「こんなに安くて怪しくないですか?」、朝5時までやっている歯医者さんに聞く「通常営業と比べてどれくらい儲かりますか?」など、難航必至のお題も続々登場する。



オリコントピックス