• ホーム
  • 音楽
  • 家入レオ、来年2月に半年ぶりシングル 『恋仲』主題歌ピアノver初CD化

家入レオ、来年2月に半年ぶりシングル 『恋仲』主題歌ピアノver初CD化

 シンガー・ソングライターの家入レオが、来年2月17日に半年ぶりとなる11枚目のシングル(タイトル未定)を発売することが決定した。

 カップリングには『NHKみんなのうた』2016年2月-3月の新曲に決定した「オバケのなみだ」、今夏話題となったフジテレビ系月9ドラマ『恋仲』主題歌の別バージョンとして劇中で流れ、今回初CD化される「君がくれた夏(Piano Version)」が収録される。

 家入の楽曲が『NHKみんなのうた』に登場するのは初。新曲「オバケのなみだ」について「人は誰でも純粋な子どもだった時代があります。その時にしか聞き取れない世界の声、見ることのできない世界の色、そういうキラキラした破片がこの曲には閉じ込められています」と説明。「この曲を聴いて、誰かを純粋に思う気持ち、大切に思う気持ちを改めて感じてほしいです」とコメントしている。

 ニューシングルは、初回限定盤A(CD+DVD)、同B(2CD)、通常盤(CD)の3形態。初回盤Aの付属DVDには新曲のミュージックビデオ、メイキング映像を収録。同Bの付属CDには、スタジオ録音によるカバー曲2曲、通常盤にはボーナストラックとして、「オバケのなみだ(NHKみんなのうた Versio)」が収められる。

 シングル発売前の2月2日からは、東名阪Zepp限定ライブ『家入レオ LIVE at Zepp 〜two colours〜』がスタート。今月13日からチケット一般発売が開始される。

 家入は、きょう放送のフジテレビ系音楽特番『FNS歌謡祭』(後7:00〜11:18)に出演。NMB48の山本彩とコラボレーションし、「君がくれた夏」を披露する。

■『家入レオ LIVE at Zepp 2016 〜two colours〜』
2月2日(火):東京・Zepp DiverCity
2月4日(木):愛知・Zepp Nagoya
2月5日(金):大阪・Zepp Namba



オリコントピックス