主なエンタメニュース 2015年12月2日号

 その日あった話題の芸能ニュースを映像でお伝えする『オリコン芸能ニュース』。本日は佐々木健介、安めぐみ、坂本冬美、宇多田ヒカル、流行語大賞をピックアップ。

●佐々木健介、妻・北斗晶との“手つなぎデート”希望「外を歩きたい」
 元プロレスラーでタレントの佐々木健介が1日、都内で行われた『第8回 ペアレンティングアワード』授賞式に出席。乳がんのため右乳房全摘出手術を受け、現在抗がん剤治療中の妻・北斗晶について質問を受けると「大変なのはわかっているので、少しでも笑えるように頑張ってます」と笑顔。今後の希望は「デートがしたい。手をつないで外を歩きたいですね」と明かした。

●安めぐみ、2億円新居報道に言及 完成「来年の春あたり」
 同授賞式にはタレントの安めぐみも出席。一部週刊誌で、夫でお笑いコンビ・Take2の東貴博が2億円の新居を建設中だと報じられたことについて完成は「来年の春あたり」と認めた。

●坂本冬美「一生、嫁に行かない」 イ・ビョンホンと11年ぶり再会に感動
 演歌歌手の坂本冬美が30日、都内で行われた映画『メモリーズ 追憶の剣』ジャパンプレミアイベントに登場。大ファンの韓国俳優・イ・ビョンホンと、2004年以来の再会を果たして「ただただ感動しました」と大喜びし、「今回、すべての運を使いきった。ビョン様一筋で、もう一生お嫁には行きません」と一途な愛を貫くことを誓っていた。

●宇多田ヒカル「親」業に欠勤ない 朝六時半起きの生活15年ぶり
 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(32)が1日、約5ヶ月ぶりに自身のツイッターを更新。今年7月に第1子男児出産を発表以来、ママになってからの初ツイートで「毎朝六時半起きの生活なんて大学中退して以来、15年ぶりだ。『親』業には週末も休日も体調不良による欠勤もないと自分が親になるまで気付かなんだ、、、」と育児の奮闘ぶりを明かしている。

●【2015新語・流行語】大賞2語決定「トリプルスリー」「爆買い」 芸能ネタは逃す
 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2015 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月1日発表され、「トリプルスリー」と、「爆買い」の2語が年間大賞に選出。14年の「ダメよ〜ダメダメ」、13年の「じぇじぇじぇ!」「倍返し」「今でしょ!」、12年の「ワイルドだろぉ」など、ここ数年は芸能ネタが大賞を受賞していたが、今年は大賞を逃した。



※各記事の詳しい情報は関連記事および動画ニュースでご覧になれます。



オリコントピックス