• ホーム
  • 芸能
  • とにかく明るい安村、流行語大賞逃し無念「欲しかった」

とにかく明るい安村、流行語大賞逃し無念「欲しかった」

 ピン芸人のとにかく明るい安村が1日、都内で行われた今年の新語・流行語を決定する『2015ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)の表彰式に出席。大賞には「トリプルスリー」と「爆買い」が選出。自身の決めフレーズ「安心してください、穿いてますよ。」が惜しくも大賞を逃し「欲しかった」と本音を吐露した。

 この日、同フレーズがトップテン入りを果たしたことを受けて「1年前にテレビで見ていて、来年は絶対この場に立ってやるという強い気持ちでやってきました。でも、まさかこんな格好で立てるとは思いもしませんでした」とにっこり。「今まで受賞した中で、一番薄着だと思います。来年もこの賞に恥じぬように頑張りたいと思います」と意気込んでいた。

 受賞を逃した後に報道陣の取材に応じて、今回の結果について「本当は欲しかった」とポツリ。「8.6秒バズーカークマムシが50(のノミネート)に入ってましたけど、ベストテンには入れなかった。僕が代表として入れたので、それだけでも良かった」と笑顔を見せ「パンツの芸でテレビに出させてもらって、本当にうれしかった。パンツの色がピンクからはだ色に落ちるくらい、働かせてもらえた良い1年でした」と感謝した。

 流行語大賞を受賞した芸人は翌年に活躍できない、というジンクスがあり、安村も来年の活躍を不安視されるも、しっかりと「安心してください、来年もいますよ」と宣言。「アメリカに行きます。世界を目指していきたいと思います。安心してください、ウケますよ」と2016年の目標も明かしていた。



オリコントピックス